このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2013/1/23

先進医療Aの陽子線治療と重粒子線治療について施設基準を変更

 厚生労働省は1月16日、先進医療会議において、先進医療Aとして実施されている陽子線治療と重粒子線治療について施設基準の変更を了承した。今回の変更により、該当技術の経験が1年以上で、放射線治療(4門以上の照射、運動照射、原体照射、強度変調放射線治療)について1年以上の経験を持つ医師も治療できるようになる。

 これまでの施設基準では、該当技術について「2年以上の経験を有すること」が求められていた。

 変更した施設基準の適用は、2月1日から。

 当日の会議では、このほかに家族性アルツハイマー病の遺伝子診断、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の施設要件についても見直し案を了承した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ