このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2011/9/6

JPHC研究の結果

ビタミンサプリメントでがんは予防できず

大西 淳子=医学ジャーナリスト

 日本人の女性で、ビタミンサプリメントを過去に摂取していた人々は、がんのリスクが17%上昇し、最近摂取を開始した人では24%上昇すること、一方で、5年以上摂取を継続してきた人では心血管疾患(CVD)のリスクが40%低下することが、多目的コホート研究(JPHC研究)で明らかになった。男性では、サプリメント摂取とがん、CVDの間に有意な関係は見られなかった。国立がん研究センターの原梓氏らが、BMC Public Health誌 2011年11巻(論文番号540)に2011年7月8日に報告した。

 これまでに、ビタミンサプリメントの摂取ががんや循環器疾患を予防するかどうかを調べた研究は複数あるが、一貫した結果は得られていない。そこで著者らは、ビタミンサプリメントの摂取状況とがん、CVD罹患の関係を、前向きコホート研究で調べることにした。

 1990〜94年(ベースライン)と95〜98年(5年後)に、国内の9保健所の管内に住む40〜69歳の男女を対象にサプリメント摂取に関する調査を実施。これら両方に回答し、回答時点でがんやCVDの診断を受けていなかった6万2629人(男性が2万8903人)を登録した。その後、がんについては06年まで、CVDについては05年まで追跡した。

 サプリメントの「摂取者」の定義は、ベースラインでは、週1日以上の頻度でビタミンサプリメントを摂っていた人々、5年後では、週1回以上の頻度で1年以上摂取している人々とした。この定義に基づき、登録者を以下の4群に分けた:非摂取者(ベースラインも5年後も摂取なし/男性が2万3535人、女性は2万5525人)、過去の摂取者(ベースラインで摂取あり、5年後に摂取なし/男性は3161人、女性は4672人)、摂取開始者(ベースラインで摂取なし、5年後に摂取あり/男性は1026人、女性は1567人)、継続摂取者(ベースラインも5年後も摂取あり/男性は1181人、女性は1962人)。

 追跡期間中に4501人ががんと診断され、1858人がCVDと診断されていた。

 非摂取者を参照群とし、がんとCVDのリスク(ハザード比)を求めたところ、男性では、ビタミンサプリメント摂取とがん、CVDの罹患の間に有意な関係は見られなかった。

 ところが女性では、がんのリスクが「過去の摂取者」で17%(ハザード比1.17、95%信頼区間1.02-1.33)、「摂取開始者」で24%(1.24、1.01-1.52)上昇していた。一方、CVDのリスクは、「継続摂取者」で40%(ハザード比0.60、0.41-0.89)低下していた。

 ただし、女性でも、追跡開始時点で既に発生していた可能性のあるがん(追跡開始から5年間に診断されたがん)を除いて分析すると、「摂取開始者」のがんリスク上昇は統計的に意味のあるものではなくなった(ハザード比1.26、0.96-1.66)。また、過去にサプリメントを摂取していた女性には肥満者や喫煙者、高血圧や糖尿病の患者が多く、不健康な人の割合が高かったため、今回のハザード分析では調整が十分ではなかった可能性もある、と著者らは考えている。

 今後さらに長期的かつ精度の高い研究を行う必要があるが、今回は、がんの予防のためにビタミンサプリメント摂取を推奨すべきデータは得られなかった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ