このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2011/4/4

「NCCNガイドライン日本語版」の肺がんガイドラインが公開に

佐原加奈子

 先端医療振興財団臨床研究情報センター(TRI)は4月1日、がん診療ガイドライン「NCCNガイドライン日本語版」の肺がんガイドライン(非小細胞肺がん・小細胞肺がん)を公開した。

 NCCNガイドライン(正式名称:NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology)は、全米の主要な21のがんセンターが非営利目的で結成したガイドライン策定組織 NCCN(National Comprehensive Cancer Network) によって作成された、世界的に利用されているがん診療ガイドライン。年に1回以上の改訂を行い、ウェブサイト上で配信している。

 肺がんガイドラインは、大腸がん、泌尿器がんに続くもので、日本肺癌学会が監訳・監修した。また同学会が、日本の治療との相違点などに関するコメントを作成している。

 ガイドラインは、がんの種類別に日本語版、日本語版に対応する英語版、学会・研究会によるコメントが閲覧できる。さらにNCCNサイトの英語最新版へリンクしている。

 TRIは、2005年より米国立がん研究所(NCI) の包括的がん情報「PDQ(Physician Data Query) 日本語版」の配信を中心とした「がん情報サイト」を運営しており、「NCCNガイドライン日本語版」の配信は「PDQ日本語版」に続く情報公開となる。

 「NCCNガイドライン日本語版」の肺がんガイドライン(非小細胞肺がん・小細胞肺がん)はこちらから。

この記事を友達に伝える印刷用ページ