もっと知る腎がん

【動画解説】ロボット支援手術は泌尿器科領域の手術を大きく変える可能性を秘めています

 昨年、日本で初めて前立線がんの全摘除術に対してロボット支援手術が保険適応となり、ますます注目が集まっている。このロボット支援手術は、腎細胞がんの部分切除術への応用にも期待されている。本サイトの監修者で、ロボット支援手術に詳しい九州大学泌尿器科学分野の立神勝則氏に、ロボット支援手術の実際と、同グループが行った腎細胞がんにおける手術の経験を元にした有効性について語っていただいた。


 近年、ロボット支援手術が注目されています。米国の会社が販売している手術用ロボット「da Vinci(ダヴィンチ)」の名前をとってダヴィンチ手術とも言われています。

 2012年には、ロボット支援手術は、前立腺がんの全摘除術に対して保険適用となり、多くの施設で行われるようになりました。











ロボット支援手術を動画でご覧いただけます。

ロボット支援手術の概要

(注意:本動画で撮影されている手術は、保険適用となっている前立腺がんの手術です。腎細胞がんに対する手術ではありません。ただし、ロボットを用いる様子は、腎細胞がんを対象とした手術の時でも大きく変わりません)
(提供:九州大学泌尿器科学分野講師 立神勝則氏、同大教授 内藤誠二氏)




 前立腺全摘除術においてロボットが急速に普及した理由には、開腹をせずに腹腔鏡と同様に前立腺を摘出できるため、術後の痛みなどが少ないというメリットがあります。また、前立腺を摘出した後には、尿道と膀胱を縫ってつなぐ必要がありますが、従来型の腹腔鏡下で行うのは大変でした。しかし、ロボットを用いることでそれがとても行いやすくなったのです。

 腎がんにおいても、ロボット支援手術が注目され、米国では腎部分切除術の標準術式となりつつあります。それには、いくつか理由がありますが、最も重要な点は、切り口を縫う手技の行いやすさです。腎がんを部分切除術で取り除く場合、がんの塊を切り取った後、切り口を丁寧に縫う必要がありますが、切り口を縫うのは非常に高度で繊細なテクニックが必要です。この難しい切り口を縫う手技が、ロボットを用いることで格段に行いやすくなるためです(詳しくはこちらの記事を参照)。