もっと知る腎がん

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

 がんの治療には、必ず複数の選択肢があります。患者自身が納得のいく治療法を選択したい場合は、担当医以外の医師にも意見(セカンドオピニオン)を聞くとよいでしょう。セカンドオピニオンを聞くには、担当医に紹介状やデータを用意してもらう必要があります。多くの医師は、セカンドオピニオンについて理解しており、快く資料を用意してくれるはずです。

 ただし、費用は全額自己負担となります。大学病院などでセカンドオピニオンを聞く場合の費用は30分2万円くらいです。

 セカンドオピニオンを聞く際には、担当医とは異なる診療科の医師に意見を求めるとよいでしょう。別の視点からの情報が得られ、より納得のいく治療法を選択することが可能になります。

(2012年2月1日更新)