もっと知る腎がん

放射線治療について

放射線治療について

 腎細胞がんは放射線に対する感受性が低く、効果が少ないため、腎細胞がんの原発巣に対しての放射線治療は通常行われません。しかし、腎細胞がんが脳や骨に転移してしまうことによって麻痺などの神経症状や痛みがある場合には、一時的にがんを抑制したり(姑息的)、症状を緩和する(対症的)目的で放射線療法がしばしば行われます。

(2012年2月1日更新)