もっと知る腎がん

このサイトについて

 腎がんで亡くなる人は近年増加しています。特に男性の発症数は女性の2倍で、50〜70歳代で最も見られるがんです。喫煙や高血圧、著しい肥満など、生活習慣上の危険因子が原因となることが多いことも示されています。

 腎がんは小さい段階では症状が少なく、発見が難しいとされてきましたが、最近では、人間ドックの超音波検査や他の病気の診察の際に実施したCT検査などで、早期の小さい腎細胞がんが発見されることも多くなってきています。早期の段階であれば、手術によって完治することも可能です。また、これまで有効な抗がん剤が非常に少なかったのですが、近年、新しい抗がん剤がいくつも使用できるようになってきました。

 本サイト「もっと知る腎がん」では、腎臓の役割から腎がんの基礎知識、腎がんの手術法や薬物治療などについて、分かりやすく解説しています。

 あなたの治療を担当する医師と話し合い、納得して治療を受けるために、「もっと知る腎がん」の情報を是非参考にしてください。

●日経BP社 日経メディカル別冊編集部
お問い合わせは、こちらのフォームまで。
 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=cancer0807/index.html