このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Information インフォメーション

インフォメーション一覧へ

新着一覧へ

インフォメーション

2013/2/18

がんと仕事の両立について考える「がんと共に働く まず一歩前へ。」を連載開始。

 国立がん研究センターがん対策情報センターは、この度「日経ビジネスオンライン Special」にて、「がん治療と仕事の両立」について考える特設サイト「がんと共に働く まず一歩前へ。」を連載開始しました。

 現役ビジネスパーソンががんに罹ったとき、どうしたら「治療と仕事の両立」「治療専念後の仕事復帰」ができるのか――。連載では、がん患者本人、家族、企業、地域社会、そして医療機関それぞれの立場で、「がんと共に働き、生きる」ことができる社会の実現のために必要なことを紹介します。


【記事一覧】

〜はじめに〜
「がんと共に生きる、働く時代がやってきます」
国立がん研究センター 理事長 堀田知光氏

〜本人編〜
「悩んでいるのは自分だけじゃない」
タレント 杉浦克昭氏(ピーコ)

〜家族編〜
「がんは“生きる”と向き合うプロジェクトです」
映画監督 砂田麻美氏

〜病院編〜
「継続して働ける環境づくりが進んでいます」
国立がん研究センター中央病院 藤原康弘氏

〜職場編〜
「社内で相談できる雰囲気が大切です」
(株)クレディセゾン 人事部長 武田雅子氏

〜地域編〜
「支え合う仲間がいれば、気持ちが明るくなる」
宮崎がん患者共同勉強会 理事長 押川勝太郎氏

〜まとめ編 座談会〜
「がんと共に働くために、足りないこともの」
司会進行:ジャーナリスト 田原総一郎氏



詳細はこちら
がんと共に働く まず一歩前へ。(クリックすると別ウィンドウが開きます)

この記事を友達に伝える印刷用ページ