このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Information インフォメーション

インフォメーション一覧へ

新着一覧へ

インフォメーション

2012/5/22

6/16開催○東京都港区

第4回「がん支えあいの日」記念フォーラム ―がんと「暮らす」「働く」―

主催:NPO法人キャンサーリボンズ

 NPO法人キャンサーリボンズは、2012年6月16日(土)に、東京都港区の日本消防会館で「第4回『がん支えあいの日』記念フォーラム ―がんと『暮らす』『働く』―」を開催する。

タイトル:第4回「がん支えあいの日」記念フォーラム ―がんと「暮らす」「働く」―

日時:2012年6月16日(土)11:15〜16:20

場所:日本消防会館(ニッショウホール)(東京都港区)

プログラム
第1部がん支えあいセミナー
がん哲学外来−2つの法則−
樋野興夫氏(順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、NPO法人がん哲学外来理事長)

第2部がん支えあいトーク
講演1 今後のがん医療が目指すべきもの−地域で支えあう力とは−
江口研二氏(帝京大学腫瘍内科教授、キャンサーリボンズ委員)

講演2 「暮らす」「働く」を支える、がん治療の今
1)大腸がんの治療を例に
吉野孝之氏(国立がん研究センター東病院消化管腫瘍科消化管内科医長、キャンサーリボンズ委員)

2)乳がんの治療を例に
中村清吾氏(昭和大学医学部乳腺外科教授、昭和大学病院ブレストセンター長、キャンサーリボンズ理事)

パネルディスカッション
がんと「暮らす」「働く」ための、準備は整いましたか?
パネリスト:
浅野史郎氏(慶應義塾大学総合政策学部教授、元厚生労働省、前宮城県知事、白血病(ATL)の治療中)
荒木葉子氏(荒木労働衛生コンサルタント事務所、産業医、キャンサーリボンズ理事、「がんと働く」リワークノート編集委員)
中村清吾氏(昭和大学医学部乳腺外科教授、昭和大学病院ブレストセンター長、キャンサーリボンズ理事、「がんと働く」リワークノート編集委員)
鎗野りか氏(田附興風会北野病院副看護部長、がん診療連携相談支援センター副センター長)
石田正則氏(パソナ取締役常務執行役員・営業総本部)

主催:NPO法人キャンサーリボンズ

共催:バイエル薬品、がん性疼痛緩和推進コンソーシアム(シオノギ、帝國製薬、テルモ、日本新薬、久光製薬、ムンディファーマ、ヤンセンファーマ)

協賛:アストラゼネカ製薬、アフラック(アメリカンファミリー生命保険)、サンスター、スヴェンソン、パソナ、ロート製薬

後援:厚生労働省、日本医師会、日本栄養士会、日本看護協会、日本薬剤師会、日本癌学会、日本がん看護学会、日本癌治療学会、日本緩和医療学会、日本臨床腫瘍学会、日本対がん協会、労働者健康福祉機構、がん患者団体支援機構

参加費:無料

定員:700名(申込み締切り5月31日)

詳細・問い合わせはこちら ※本プログラムは予定です。ご参加の際は主催者などにご確認ください。

この記事を友達に伝える印刷用ページ