このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Information インフォメーション

インフォメーション一覧へ

新着一覧へ

インフォメーション

2012/1/10

2/4開催○大阪市北区

第50回日本癌治療学会学術集会 サテライトシンポジウム2012

主催:UICC日本委員会、日本対がん協会、日本癌治療学会

 UICC日本委員会、日本対がん協会、日本癌治療学会は、2012年2月4日(土)に、大阪市北区の大阪国際会議場で「第50回日本癌治療学会学術集会 サテライトシンポジウム2012」を開催する。

タイトル:第50回日本癌治療学会学術集会 サテライトシンポジウム2012

日時:2012年2月4日(土)14:00〜17:00

場所:大阪国際会議場 12階 特別会議場(大阪市北区)

プログラム
UICC世界対がんデー 公開シンポジウム2012
「がんの痛みからの解放」
― 先進国の水準を目指して ―

基調講演
「がん患者における痛みの影響と疼痛管理の原則」
吉沢明孝氏(要町病院副院長)

パネリスト講演
1)麻薬使用のこつと落とし穴
池永昌之氏(淀川キリスト教病院ホスピス長)

2)痛みをもつ患者をどう支援するか
小山富美子氏(近畿大学医学部付属病院 がんセンター)

3)がん患者の疼痛管理(在宅を含めて)における薬剤師の役割
岡本禎晃氏(市立芦屋病院 薬剤科長)

4)家族からみた疼痛コントロールの重要性
薦田徹氏(がん患者遺族)

5)がん対策推進基本計画見直しにおける緩和ケアに関する議論
鷲見学氏(厚生労働省がん対策推進室室長)

パネルディスカッション
関西に、日本に、そして発展途上国に、世界水準のがん疼痛管理を

主催:UICC日本委員会、日本対がん協会、日本癌治療学会

後援:厚生労働省、読売新聞大阪本社、毎日新聞大阪本社、朝日新聞社、兵庫県医師会、大阪府医師会、神戸新聞社、産経新聞社、日本緩和医療学会、日本癌学会、毎日放送、独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立成人病センター

参加費:無料

定員:350名(先着順)

詳細・問い合わせはこちら ※本プログラムは予定です。ご参加の際は主催者などにご確認ください。

この記事を友達に伝える印刷用ページ