このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Information インフォメーション

インフォメーション一覧へ

新着一覧へ

インフォメーション

2011/12/13

1/14開催○福岡市東区

市民公開講座 膵がんと闘う!〜その診断と治療の最前線

主催:独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター消化器肝胆膵内科

 九州がんセンター消化器肝胆膵内科は、2012年1月14日(土)に、福岡市東区の九州大学医学部で「市民公開講座 膵がんと闘う!〜その診断と治療の最前線」を開催する。

タイトル:市民公開講座 膵がんと闘う!〜その診断と治療の最前線

日時:2012年1月14日(土)14:00〜16:30(開場13:30))

場所:九州大学医学部 百年講堂(福岡市東区)

プログラム
●講演
「診療の現状と進行期における最新治療」
伊藤鉄英氏(九州大学大学院医学研究院病態制御内科 准教授)

「膵がんに対する手術」
池田泰治氏(九州がんセンター消化器外科 医長)

「重粒子線治療の適応と限界」
篠藤誠氏(放射線医学研究所 医師)

「早期診断への取り組み」
五十嵐久人氏(九州大学大学院医学研究院病態制御内科 助教)

「糖尿病との関係、肝胆膵がんドックについて」
古川正幸氏(九州がんセンター統括診療 部長)

●パネルディスカッション
「早期診断と治療成績向上をめざして」
パネリスト:池田泰治氏、篠藤誠氏、五十嵐久人氏、古川正幸氏

主催:独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター消化器肝胆膵内科

共催:日本対がん協会

後援:福岡市、NPO法人パンキャンジャパン、福岡県すこやか健康事業団(日本対がん協会  福岡県支部)、読売新聞西部本社

参加費:無料

定員:500人(要事前申込み)

詳細・問い合わせはこちら ※本プログラムは予定です。ご参加の際は主催者などにご確認ください。

この記事を友達に伝える印刷用ページ