乳がん百科TOPページ

 女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって、増殖する乳がんを「ホルモン受容体陽性乳がん」、「ホルモン感受性乳がん」、「ホルモン依存性乳がん」などと呼びます。乳がんの約7割以上がこのタイプで、ホルモン療法の対象になります。

 ホルモン療法では、薬を用いてエストロゲンの作用を阻害、あるいはエストロゲンの産生を抑制します。そして、エストロゲンを“餌”にして増殖するがん細胞をじわじわと死滅させるのです。

 病理検査でエストロゲン受容体とプロゲステロン受容体(エストロゲンの働きでつくられる受容体)が検出されれば、ホルモン受容体陽性乳がんと判断し、ホルモン療法を行います。

 治療は、ホルモン療法単独で行う場合と、ホルモン療法に分子標的療法や抗がん薬療法を併用する場合があります。併用の場合は、分子標的療法や抗がん薬療法の終了後にホルモン療法を行うのが一般的です。

 治療期間は他の薬と比較すると格段に長くなります。術前に用いる場合は一般的に6カ月、術前術後の合計で5年間は継続する必要があります。

閉経前か後かで、使う薬剤が異なる

 治療にどの薬を選択するかは、「閉経前」か「閉経後」かによって変わります。その理由は、閉経を境に女性ホルモンの産生部位が変わってしまうからです。

 閉経前は、主に卵巣からエストロゲンが分泌されます。一方、閉経後は卵巣からのエストロゲンの分泌は停止し、副腎皮質から分泌される男性ホルモンが、脂肪細胞などに存在する酵素、「アロマターゼ」によって、エストロゲンに変換されます。

 そのため閉経前には、卵巣でエストロゲンが作られないようにする「LH -RHアゴニスト製剤」を、閉経後には男性ホルモンからエストロゲンが作られるのを防ぐ「アロマターゼ阻害薬」を用います。エストロゲンの作用をブロックする「抗エストロゲン薬」は、閉経の有無にかかわらず使えます。

閉経前は、抗エストロゲン薬を軸に

 閉経前は、抗エストロゲン薬のタモキシフェンと、卵巣でのエストロゲン合成を抑制する「LH -RHアゴニスト製剤」を用います。

 日本の『乳癌診療ガイドライン』では、ホルモン療法を単独で行う場合も、分子標的療法や抗がん薬療法を組み合わせる場合においても、タモキシフェンを単独で5年間(推奨グレードA)、あるいはLH -RHアゴニスト製剤を2〜3年間用いると同時にタモキシフェンを5年間併用することをすすめています(推奨グレードB)。LH -RHアゴニスト製剤の単独使用はエビデンスが不十分とされています。

閉経後はアロマターゼ阻害薬を

 閉経後の乳がんには、抗エストロゲン薬とアロマターゼ阻害薬が用いられますが、治療薬の中心はアロマターゼ阻害薬です。抗エストロゲン薬のタモキシフェンとアロマターゼ阻害薬の比較試験から、アロマターゼ阻害薬のほうが再発リスクを下げることが明らかになっています。

 日本の『乳癌診療ガイドライン』では、アロマターゼ阻害薬を5年間用いることを強くすすめています(推奨グレードA)。また、すでにタモキシフェンを2〜3年使ってきた人も、閉経が確認されればアロマターゼ阻害薬に薬を変えて、合計5年間用いるのも推奨グレードAです。

 それでは二つを一緒にとったほうがよりよいか? というと、そうではありません。併用は行うべきではない、推奨グレードDに位置づけられています。

 すでにタモキシフェンによる5年間の治療が終了した人も、リンパ節に転移があった場合など再発のリスクが高い場合は、アロマターゼ阻害薬を用いることもすすめられます(推奨グレードB)。

 ただしアロマターゼ阻害薬には、骨密度を下げる作用があるため、骨粗しょう症や重篤な関節炎などの合併症がある場合は、服用できません。

乳がんの治療に用いる主なホルモン療法薬とその特徴
(*クリックすると拡大表示されます)

  • 1
  • 2