乳がん百科TOPページ

腫瘍が小さくても、温存できないケースあり

 乳房温存が可能かどうかは、腫瘍の大きさだけでは決まりません。複数の腫瘍が同じ乳房内にある場合や、しこりを作らず、広範囲に微細な石灰化が広がっているようなタイプの乳がんには、乳房切除術が行われます。また、妊娠中あるいは他の病気の合併などの理由で、術後の放射線療法が受けられない場合も乳房切除術を選択します。

 なお、乳房温存術の後、放射線療法や薬物療法を行っても、乳房内に再発するリスクは、少なからず残っています。もしも再発してしまった場合は、再び手術が必要となり、そのときは乳房切除術を選択するのが一般的です。

術後の傷、変形の可能性も確認を

 乳房温存術の対象と医師が判断しても、患者さんの希望で乳房切除術を選択することもできます。

 例えば、切除する部位が相対的に大きくなると、乳房は変形してしまいます。それならば、乳房切除術を選択して、その後に乳房再建術を受けたほうが手術後の満足度が高い場合もあるのです。

 また、乳房温存術後は放射線療法を行うのが標準治療ですが、放射線療法を受けると皮膚が萎縮するため、再建が難しくなってしまいます。その段階で、「再建したい」という気持ちになっても、なかなか思うようにはいかないので注意が必要です。

 術後にできる傷の位置や乳房の形がどのように変わりそうか、再建を考える場合どうすればいいかなどについては、手術を受ける前に医師によく説明してもらい、理解したうえで手術方法を選ぶことが重要です。

手術方法の選択で後悔しないためにしっかり内容を聞きましょう

傷跡を目立たなくする内視鏡下乳腺手術

 また、せっかく乳房を温存できても、大きな傷跡が残ってしまったら─。手術後、乳房に残った傷跡に抵抗感を覚える人は少なくありません。

 腫瘍の位置がわきの下や乳輪に近ければ、ここにメスを入れて傷跡を極力小さくする手術が可能です。そうではない場合についても、内視鏡を用いる「内視鏡下乳腺手術」によって、傷跡を小さく目立たないようにすることもできます。

 内視鏡下乳腺手術には健康保険が適用され、自己負担額は通常の手術と同じです。内視鏡を用いた手術は、乳房温存術だけではなく、乳房切除術、乳房再建術にも用いられています。

 ただし、腫瘍が皮膚や筋膜にまで浸潤している場合や、これらに近接する場合は適応外です。また、生存率や整容性(手術後の乳房を術前に近い形態に保てる度合い)などについての科学的な根拠が不足しているという指摘もあり、標準治療とはいえません。

 とりわけ整容性に関しては、質的な評価が難しいだけに、内視鏡下乳腺手術に過大な期待を寄せてはならないという意見もあります。

(2013年2月8日更新)