乳がん百科TOPページ

 それではまず、乳がん検診(一次検診)で“疑いあり”とされてから以降に行う検査と、治療方針を決定するまでの流れを、チャートで見ていきましょう。

 一次検診の結果、「乳がんかも」となると、精密検査(二次検診)に進みます。精密検査では、必要と判断されれば、再度超音波検査やマンモグラフィ検査などが行われます。その後、やはり乳がんの疑いがあるということになれば、病理検査でさらに詳しく調べることに。

 病理検査には、腫瘍が疑われるしこりに細い針を刺し、細胞を採取して調べる「細胞診」(穿刺吸引細胞診)と、それよりやや太めの針を刺して組織を採取する「組織診」(コア生検・吸引式針生検)があります。

 組織診は細胞診の何倍もの細胞を採取するため、良性か悪性かがはっきりします。また、この段階で後述する「乳がんのタイプ」も分かります。

確定診断後にがんの広がりを検査

 病理診断の結果、乳がんと確定したら、MRIやCTなどによる画像検査でがんの広がりを調べます。

 腫瘍の大きさ、位置、数、乳房内での浸潤の程度についてや、わきの下や鎖骨周囲のリンパ節に転移しているかどうか、脳や骨、肝臓、肺などほかの臓器に遠隔転移はしていないかなどを見ていきます。

 これらの診断結果と患者さんの希望を総合し、どのように治療していくか方針を立てます。

 ただし、リンパ節への転移の有無は、この段階の検査では、はっきりしないことがあります。その場合、病期が確定しないまま手術に進み、手術中に行うセンチネルリンパ節生検の結果によって、リンパ節をとるかどうかが決められます。術後の治療方針は、切除した組織を詳しく調べてから判断することになります。

一次検診で乳がんが疑われたら精密検査へ

(2013年2月8日更新)