乳がん百科TOPページ

 乳がんは、一次検診で“疑いあり”とされた後、次のような手順を経て確定診断されます。

再度、画像検査を行いより精密に検査

 一次検診の結果、「乳がんの疑いあり」となれば、精密検査(二次検診)に進みます。精密検査では、必要と判断されれば再度、超音波検査やマンモグラフィー検査が行われます。加えて、MRIやCTによる画像検査を行い、乳がんの疑いがあると診断された場合は、病理検査でさらに詳しく調べます。

細胞診と組織診で良性か悪性かを判断

 病理検査には、腫瘍が疑われるしこりに細い針を刺し、細胞を採取して調べる「細胞診」(穿刺吸引細胞診)と、それよりやや太めの針を刺して組織を採取する「組織診」(針生検)があります。組織診は、細胞診より何倍もの細胞が採取でき、良性か悪性がはっきりします。

がんの広がりを調べて治療方針を立てる

 病理診断の結果、乳がんと確定したら、次はがんがどの程度広がっているかを調べます。

 腫瘍の大きさや位置、数、乳房内での浸潤の程度についてや、わきの下や鎖骨周囲のリンパ節に転移しているかどうか、肺や肝臓、骨などほかの臓器に遠隔転移はしていないかなどを見ていきます。そして、これらの診断結果と患者さんの希望を総合し、どのように治療していくか方針を立てていきます。

 ただし、リンパ節への転移の有無は、この段階の検査では、はっきりしないことがあります。その場合、病期(ステージ)が確定しないまま手術に進み、手術中に行うセンチネルリンパ節生検と、術後に行う切除した組織の病理検査の結果を合わせて正確に診断し、その後の治療方針を決めることになります。

治療は、手術→放射線療法→薬物療法

 治療方針が決定したら、いよいよ治療のスタートです。

 乳がんは、手術、放射線療法、薬物療法を組み合わせて治療します。基本的には、まず手術を行い、放射線療法を経て、最後に薬物療法の流れで進みます(「診断から治療までのフローチャート」を参照)。

 また近年では、術前に薬物療法を行って腫瘍を小さくしてから、乳房温存術を行うケースも増えています。ただ、がんの広がりによっては、手術ができない場合もあり、その際は、薬物療法から治療を開始します。

病期や腫瘍の状態によって術式を選択

 乳房温存術は、病巣のある乳房の一部分を切除する手術で、病期(ステージ)が0期、I期、II期の乳がんに対する標準治療です。

 病期(ステージ)がIII期の乳がんや、腫瘍が大きい(3cm以上)、乳がんが乳腺内に広範囲に広がっている、複数の腫瘍が乳房内の離れた場所にあるなどの場合は、乳房切除術(全切除)が選択されます。

 現在、手術は乳房温存術が主流で、約6割の方がこの手術方法を選択しています。しかし、乳房温存率が高いというだけの医療機関も存在します。乳房は残せても、再発リスクが高まって生存率が低くなる危険性はないか、乳房温存後の見た目はどうなるのかについて、治療前に医師にしっかり確認してください。

 乳房温存術を行った後には、放射線療法を行うのが標準治療とされています。早期でも、ほとんどの場合で放射線治療を行います。しかし、どの医療機関でも放射線治療が受けられるとは限りません。放射線療法の設備が整っているか、あるいは設備が整った医療機関と連携しているかを確認しましょう。また、放射線療法を受けた後は皮膚が萎縮するため、乳房再建を行いたい人は、手術を行う前に医師に相談してください。

乳がんのタイプを調べて薬物治療の内容を決める

 薬物療法を受ける上で大切なのは、「乳がんのタイプ」を知ることです。自分の乳がんのタイプを理解するために、医師に次の質問をしてみましょう。

Q.ホルモン感受性は、陽性、陰性のどちらですか?
Q.HER2(ハーツー)は、陽性、陰性のどちらですか?

 ホルモン感受性があるか(陽性)、ないか(陰性)、HER2たんぱくが過剰にあるか(HER2陽性)どうかなどにより、選択する薬物療法の内容が異なってきます。

 また、標準治療になっている薬物療法が受けられるのかどうかが分からないなら、「乳がんの標準的な薬物療法は、受けられますか?」と聞いてみましょう。「はい」と医師が答えたら、それは「行うことを約束します」という意味です。

 簡単な返事のようですが、がんの薬物療法には、かなりの専門的な知識が必要で、医師にとっては大きな責任が伴うのです。

(2013年2月8日更新)