乳がん百科TOPページ

 乳がんは、現段階の病状・進行度を「病期」で分類します。「病期」とは、臨床病期分類もしくはステージとも呼ばれ、数字が若いほど早期で、治癒率も高くなります(下表)。

乳がんの病期(ステージ)

 乳がんの治療法は、病期(ステージ)やがんの数、位置などによってさまざま。乳管内にがんがとどまっている「非浸潤がん」なら、がんがある部分に対する局所療法が中心ですが、がんが乳管の外へ出てしまった「浸潤がん」になった時点で、全身病として全身療法を行うべきと考えられています(下図参照)。明らかな遠隔転移が見られない段階でも、全身にがん細胞が広がっている可能性があるからです。

乳がん治療は、これらの治療法を組み合わせて行います

 具体的な治療法には、手術(外科療法と呼ぶこともある)、放射線療法、薬物療法があり、薬物療法はさらに、ホルモン療法(ホルモン薬を使用)、分子標的療法(ハーセプチンやタイケルブなどの分子標的薬を使用)、抗がん薬療法(化学療法と呼ぶこともある)の3種類に大別されます。手術や放射線療法による局所療法で大きながん組織を取り除き、検査では見えないような小さながん細胞は、全身療法(薬物療法)で退治するというのが、乳がん治療の基本的戦略で、この考え方は「集学的治療」と呼ばれています。

  • 1
  • 2