こんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です。みなさん、所属する大学や医療機関の初期研修医採用サイトをご覧になったことはあるでしょうか? 今年1月に初期研修医採用サイトを改修した獨協医科大学が、今話題になっています。

 新しい獨協医科大学病院臨床研修センターのウェブサイトは、オレンジを基調としながら文字を詰め込まないスタイリッシュなデザイン。同大臨床研修センター長の下田和孝氏や、Cadetto.jpの連載でもおなじみの志水太郎氏(同大総合診療教育センター長)からのメッセージが読める他、内科、外科、小児科、産婦人科、精神科、救急科をはじめとする全30診療科、 協力病院を含め最大10カ月間の研修内容を組み上げてシミュレーションができる「研修プログラムビルダー」といった機能も搭載されています。

自分好みの研修プログラムを試作できる「研修プログラムビルダー」。

 ただ、今回特に話題になっているのは、ある時期になると突如表れる「裏ページ」です。画面の右下に登場する、怪しげなアイコンをクリックすると、雰囲気がガラッと変わります。

ある時期になると、下田氏と志水氏が写る画面の右下に、怪しげなアイコンが登場する。

 迷い込んだのは、「Dの血族」のページ。獨協医科大学病院のロゴであるDマークは、「Dの紋章」と呼ばれる大切なもので、獨協医科大学病院に入職し「Dの血族」となった者は身体の一部にDの紋章を宿し、この紋章が力の源になる――。この設定を面白いとみるかイタいとみるかはあなた次第です。

案内役は、獨協医科大学医学部医学科の5年生。

 Dの血族には、最下位の2級血族、1級血族、最上位の特級血族と、いくつかの階級があります。経験を積んで能力を高めることで、特級血族まで登りつめられるのだとか。サイトでは、2級血族、1級血族、特級血族からそれぞれ1人ずつが紹介されています。最後に「Dの試験」を受けると……あなたもDの血族への道が開かれるかも?

Dの血族は3つの階級に分かれる(左)。2級血族の1人として紹介されるのは「リア充の藤田」(右)。