こんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です。みなさん、初期臨床研修病院はどのように選びましたか? まずは大学や企業が開催する合同説明会やウェブで情報を収集すると思いますが、最も参考にしたのは大学や希望研修先の先輩の声なのではないでしょうか。研修の実態や見学時の振る舞い、試験対策など、コアな情報が飛び交います。

 「医師にも就活があるんだけど、情報が少なくて困ってるんだよね。とりあえず、病院見学するために東京に来たんだ」――。地元北海道の医学部に通う友人と世間話をする中で、初めて「医師の就活=マッチング」を知った中央大学商学部4年の五十嵐北斗氏。この後、全国の医学部を行脚して医学生に話を聞きながら、初期臨床研修病院を選ぶための口コミサイト「ホクトレジデント」の運営を始めました。

医学生が自分の条件に合った研修先を探す一助に
 ホクトレジデントは、見学した人とマッチした人の口コミから、初期臨床研修病院をさまざまな軸で評価しています。

 まずデータとして、それぞれの病院のマッチング最終結果の第一希望人数と募集定員、「強い科」、「弱い科」、上級医の主な出身大学、給与、寮の有無、救急指定、勉強会の有無、勉強会の開催形式が示されています。さらに、忙しさ、研修スタイル、研修医の裁量権、指導医の面倒見の良さ、女性の働きやすさの程度がそれぞれ5段階評価で示されています。

 例えば、「忙しさ」は「ハイポ(=あまり忙しくない)」から「ハイパー(=とても忙しい)」までの5段階、「研修スタイル」は「勉強重視」寄りか「手技重視」寄りかで5段階に分かれます。五十嵐氏は、「こうしたデータは全て口コミで寄せられた評価の平均を取ったもので、私の判断は一切入っていません。平均とはいっても、口コミの評価はほとんど一致していて大きな乖離は今のところありません」と言います。

 データの下には、その病院にマッチした人や見学した人からの口コミを掲載。研修医・指導医の雰囲気や見学に行く際のポイント、試験内容といった口コミや、マッチした人の見学回数などを紹介しています。

 トップページから病院名で検索ができる他、「都道府県から探す」「強い科・有名な科から探す」の2メニューが並んでいます。検索して表示された病院は、「給与順」「倍率順」「希望人数順」「病床数順」に並び替えられます。試しに、詳細検索フォームで都道府県を「東京都」、「強い科」を「救急・ICU」、を選択し、「倍率順」に並び替えると……。一番上には武蔵野赤十字病院が表示されました。このように、医学生が自分の条件に合った研修病院を調べるためのサービスとなっています。