こんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です。みなさんは、人生の最期をどのように迎えたいですか?高齢化社会に突き進む日本において、全ての人にとって重要な問題です。高齢者数が増える一方で、医療機関では病床数が制限され、介護施設も大幅には増えません。いわゆる“看取り難民”の発生が危惧されてきました。

「人間の尊厳を保つための在宅医療サービスを総合的に提供したい」と語るフレアス社長の澤登拓氏。

 そこで厚生労働省は、高齢患者の受け皿として、高齢者住宅や自宅での看取りを推進する方針です。この方針に伴い、在宅医療を提供する企業が増えていることはご存じの通り。今回は、そうした企業の中でも「在宅マッサージ」「訪問看護」「訪問歯科診療サポート」という3つの柱で在宅療養を支える企業「フレアス」(山梨県甲府市)をご紹介します。

 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師(鍼灸マッサージ師)の国家資格を持つフレアス社長の澤登拓氏は、2000年にフレアスの前身である在宅マッサージ企業「ふれあい在宅マッサージ」を起業しました。マッサージは、麻痺や関節拘縮など運動機能障害がある患者や、廃用症候群が進んでいる患者などに対し、医師の同意や診断の下、医療保険が適用されます。自宅や施設を訪問してマッサージ治療を行い、患者の関節の動きやしびれ、疼痛の改善を行っています。

多職種連携の必要性を目の当たりに
 澤登氏が多職種との連携を重視するようになった経緯には、ある筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者との関わりがありました。関節拘縮の予防や、呼吸障害を改善するために胸郭の硬化を緩和するマッサージなどを行っていた澤登氏。そのALS患者の治療には、理学療法士や看護師、さらに医師も関わっていました。「当時、多職種連携という言葉自体は聞いたことがありませんでしたが、マッサージだけではダメだということを実際に目の当たりにしました」(澤登氏)。

 澤登氏は数年前、祖母が99歳で亡くなったときにも、多職種による在宅医療サービスの必要性を実感します。祖母は、亡くなる直前まで一人暮らしで、自立した生活を送っていました。しかし、あるとき脳梗塞で倒れて救急搬送されます。搬送先の病院で、祖母は高カロリー輸液を24時間行われて糖尿病を発症。様々な管がつながった姿を見て、澤登氏は「もう意識もないし、病院で積極的医療を受けることもないから連れて帰ろう」と考えます。しかし当時、周囲にはこのような状態の祖母を受け入れる施設はなく、在宅医療サービスを提供できる企業もありませんでした。そのため病院を出ることは断念せざるを得ず、祖母はそのまま3カ月間病院で輸液とインスリン治療を受け続けて亡くなりました。

 この出来事を経て、「自宅で、安心して最期まで看取れる環境を提供したい」と考えた澤登氏。マッサージや理学療法に加え、医療レベルの高い訪問看護サービスも手掛けることを決めました。