こんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です。先日お伝えしていた通り、2015年4月25日から26日まで開催されていたニコニコ超会議2015内でエクストリーム医学会が開催されました。今回は、精神科医が教える人生を生き抜くための技術、循環器内科医が説く医療とITの未来、総合診療医が経験から語る旅行で下痢を避ける方法、眼科医が警告するカラーコンタクトレンズの危険性と、様々な診療科の医師たちが医療の話題を分かりやすく、面白く伝えた様子をご紹介します。

トラブル多発のカラーコンタクトレンズの選び方は?
 最初に登壇したのは、「人は顔を認識するとき主に目と口、特に目を見るので目はとても大事なパーツ」と話す、日本大学病院眼科の眞鍋歩氏です。ニコニコ超会議に合わせて、若者やコスプレイヤーが好んで使うカラーコンタクトについて、注意すべき点を解説しました。

日本大学病院の眞鍋歩氏。

 薬事法では適切な管理を必要とする高度管理医療機器として取り扱われるカラーコンタクト。現在日本国内では300種類以上のカラーコンタクトが販売されています。販売されているコンタクトレンズは承認を受けているはずですが、日本コンタクトレンズ学会が2012年にカラーコンタクトレンズによる眼障害の調査を行った結果、97施設から395例の報告があったそう。眞鍋氏はカラーコンタクトレンズのトラブル事例として、アレルギー反応やアカントアメーバ感染症、酸素不足による角膜血管新生の症例写真を提示し、こうした危険を回避するためのカラコン選びをレクチャーしました。

 「まずコンタクト選びで参考になるのは酸素透過率(DK/L値)。しかし、カラーコンタクトレンズの場合、酸素透過率が明記されていないケースも多い」という眞鍋氏。大手メーカーが販売しているものでもDK/L値20〜30程度だそう。DK/L値が20以上あれば使用できるとはいわれているものの、普通の視力矯正用のコンタクトレンズが130〜180程度であることを考えれば、非常に低い値です。さらに眞鍋氏は、「酸素透過率が書いていないカラーコンタクトレンズの場合、記載できないほどDK/L値が低いと想像される」と指摘します。

 眞鍋氏は、酸素透過率以外に注意すべきポイントとして、色素の着色方法を挙げます。「カラーコンタクトレンズは、レンズ外面に着色されているもの、角膜に触れる内面に着色されているもの、着色剤を素材の間に挟んでいるものという3種類がある」と説明。レンズの外面や内面に着色剤が印刷されている場合、細胞毒性のある色素の漏出によって結膜や角膜に障害を生じる恐れがあると警告します。さらに、調査の結果、色素を素材の間に挟んでいるとうたっていながら、実は外面に印刷されている製品も複数見つかったそう。眞鍋氏は、「できるだけ信頼できる欧米製のものを購入すること、ごろごろしたり充血したりしたときには必ず眼科医の検査を受けることが重要」と強調しました。

広島大学病院の岩本修一氏。

楽しい旅行をぶち壊す下痢の恐怖
 次に登壇したのは、広島大学病院総合内科・総合診療科の医師で、国際旅行医学会の認定資格も持つ岩本修一氏。「もともと自分もお腹が弱い」という岩本氏。帰省した祖母宅でノロウイルス腸炎を発症し、せっかくのごちそうも食べられなかった…という切ない経験談を交えつつ、楽しみをぶち壊す旅行中の下痢予防法についてレクチャーしました。

 「旅行中に下痢を起こす確率は、10万人当たり3万4000人。特に発展途上国の旅行中のトラブルとしては最多」(岩本氏)。そんな下痢を避けるために、3つの予防法が考案されてきたといいます。

 1つ目は、どの飲食物が安全かを考えることです。岩本氏は「キーストンのトラベル・メディシン」(メディカルサイエンスインターナショナル社、2014年)から引用し、「例えば水であれば最も安全なのは炭酸水。次におそらく安全といえるのがボトル入りの水。安全とはいえないのが生水と、氷」といいます。他にも、食事をする場所として最も安全なのはレストランで、次に安全なのが家食、安全ではないのが屋台だと指摘します。

 何が危険なのかはっきり分からない、または何が危険かは分かっているけどどうしても食べたい!という場合は2つ目、軍隊に取り締まってもらうことを推奨します。これは実際に、飲食物による下痢を防ぐために、ソマリア駐留軍が隊員に対し食べてもいいものといけないものを厳しく統制した結果が出ているそう。統制前は40%の隊員が下痢を起こしていたといいますが、統制後は3%に抑えられたそうです。

 しかし2つ目の予防法は、一般人の私たちにとって現実的とはいえません。そこで、最も確実にできるのが、3つ目のワクチンを打つという予防法です。「一部の下痢疾患はワクチンで予防できます。A型肝炎ワクチンによる予防効果は95%以上ですし、腸チフスなどもワクチンによって予防できます」と言う岩本氏。旅行前には必要なワクチンを接種し、旅行中は飲食物に気を付けることで、楽しい旅行を続けられると語りました。