みなさんこんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です。2015年2月にご紹介した日本うんこ学会を覚えていらっしゃるでしょうか。一見難しくみえる医療の話題を、「医療をもっと面白く!」をキャッチフレーズに分かりやすく伝えようとする日本うんこ学会が、このたび“学術会議”を開催することとなりました。

 学会場となるのは、4月25日、26日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2015」内のブース内です。ニコニコ超会議とは、動画共有サービス「ニコニコ動画」のユーザーが中心となって集まるイベントのこと。普段ニコニコ動画で動画を配信しているユーザーやコスプレイヤーから、大相撲やプロレス、自衛隊まで、さまざまなジャンルの個人・団体が出演・出展します。

 そんなニコニコ超会議で日本うんこ学会が仕掛けるのは、
●協力医師が各診療科に合わせた演題を分かりやすく講演する「エクストリーム医学会」
記事にも登場いただいたウンログやサイキンソー、うんコレといった日本うんこ学会の協賛企業による「リアルうんこ学会」
●最新の医療×IT事情を語り合う「医療とITの時間」
●女性の身体のお悩み相談を受け付ける男子禁制の「女子トイレの時間」
●医療の課題を「デザイン」で解決しようとするヘルスケアハッカソン(関連記事
●訪問看護師で、「おくりびとアカデミー」校長でもある高丸慶氏が死生観について語る「最後に死の事を考えてみた in ニコニコ超会議」
●「トイレを通して社会をより良い方向へ変えていきたい」と考えるトイレ研究所代表の加藤篤氏の講演
など、医療や健康の話題を楽しく伝えるさまざまなイベントです。

 なんと、当日はその場で検便ができるキットも無料で配布!会期中にキットで採取した便を提出すれば、後日ちゃんと検査結果が送られてくるのだとか。また、ステージ上には美少女キャラクターなどのアニメイラストを便器にプリントした「痛トイレ」を設置すべく制作中。盛り上げる仕掛けが盛りだくさんです。

 今回は、エクストリーム医学会の登壇者たちの事前インタビューをお送りします。

豊後荘病院(茨城県石岡市)精神科の勤務医でありSNC産業医事務所代表でもある鈴木瞬氏

「人生はクソゲーか?」精神科医が“人生”の乗り切り方を伝授
 最初に登場するのは、豊後荘病院(茨城県石岡市)精神科の勤務医でありSNC産業医事務所代表でもある鈴木瞬氏です。高校、医学部時代から学際的な分野に興味があり、学部3年時から医療学講座(環境医学)に所属していたという鈴木氏。同講座で学んだり、フィールドワークを重ねる中で、「働く人々のストレスやメンタルヘルス実務」の重要性を感じたのだとか。「その一方で、社会医学や精神医学、人事労務など、近接分野から飛び込みにくい『No man’s land』が生まれ得ることを感じました。自分はそれを埋める人間になれればと思い、まずは産業医学をジェネラルに学ぶため産業医大病院と、産業医実務研修センターで研修しました」(鈴木氏)。

 今は産業医、精神科医を名乗る鈴木氏ですが、本来診療科で分けた専門性に強い興味はないのだとか。目指すのは、「あらゆるスペシャリストの方々の知恵と経験を拝借して、全ての働く人の健康、特に精神的健康を実務と研究両側面から追い求めるスーパージェネラリストになること」と言います。

 「医師の本道は、正確に『診断』し、『治療』することです。しかし産業医として私が労働者を面談する場合、99%の人は正確な診断をする段階でもなければ、治療すべきDiseaseをそもそも持っていません。それでも、目の前の『健康な』労働者は確かに悩んでいる。そういう人に対し、自分は何をできるのか?と自問していました」。そんなとき、鈴木氏が解決策として大きな影響を受けたのが、アントノフスキー博士の「サルートジェネシス(健康生成論)」でした。

 健康成育論では、人間を病気にする「リスクファクター」に着目するだけではなく、より生き生きと、健康な方に促進する「サルートジェニック・ファクター健康要因)」にも着目する重要性を説いています。その中核をなすのが「SOC(Sense of Coherence)」です。SOCとは、首尾一貫感覚とも訳されます。同程度のストレスを受けても、乗り越えられる人と乗り越えられない人がいる。この乗り越える力を高めることが、SOCを高めることだそうです。

 「今回エクストリーム医学会にいらっしゃる多くの方々も、恐らくは若年で何の疾患も抱えていないかもしれません。でも、多くのストレスに苦しみ、『人生詰んだ』『人生はクソゲー』と嘆いている人もいるんじゃないかと思うんですよね。彼らの、人生というRPGに向き合うためのパラメーターを1でも上げていきたいと思っています」(鈴木氏)。人生のストレスと向き合う医師として、人生の“乗り切り方”について講演します。