みなさんこんにちは、Cadetto.jp管理人の増谷です!猛暑だと思ったら大雨、なんていう不安定な天気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。今回ご紹介するのは、全国の医学生・看護学生など医学系女子がエントリーしているミスコンテスト(!)。なぜミスコンを開催することに?企画した島根大学医学部医学科5年の奥村Indy和也さんにお話を伺いました。

「一次予選、最終選考が成功するよう、『倒れるなら前のめり』の姿勢で駆け抜けたい」と語る島根大学医学部医学科5年の奥村Indy和也さん。

 まず、今回のミスコンについて「2016年3月に卒業する医学科学生の団体『レジデント16』が中心となって行ってきた企画ですが、医学科学生だけのミスコンではつまらないから枠を超えよう!ということで、医療系学生の祭典「MEDICAL FUTURE FES 2014」の一企画として開催することになりました」と奥村さんは経緯を説明します。

 今回のミス候補者21人(医学科学生11人、コメディカル学生10人)は、各大学医学部のミスコン運営団体や、レジデント16や看護学部学生団体の「ION」など医療系学生団体の参加者総勢70人ほどに声がけをして募ったそうです。

 「全国初のイベントになるので不安は山ほどありますが、ミス候補者やご協賛企業様、スタッフのみんなに助けられてここまで来ました。一次予選、最終選考が成功するよう、『倒れるなら前のめり』の姿勢で駆け抜けたいと思います!」と、ミスコンへの意気込みを語っていただきました。

ミス候補者の21人(医学科学生11人、コメディカル学生10人)。この中から、医学科学生、コメディカル学生の2部門で、それぞれのNo.1が決定する。

決勝は白衣でランウェイ上からアピール
 ウェブ投票による一次予選を経て、MEDICAL FUTURE FES 2014の1日目、8月23日に決勝となる最終選考が行われます。なんと最終選考では、会場にランウェイが登場し、白衣やナース服を着た候補者達が闊歩する予定。ワーク・ライフ・バランスに関するパネルディスカッションや自己PR、質疑応答などを行って、医学科学生、コメディカル学生の2部門で、それぞれのNo.1が決定します。「ぜひ投票の上、MEDICAL FUTURE FES 2014にご来場いただいて、最終選考で“推しメン”を応援してください!」(奥村さん)。

 既に7月1日から一次予選のウェブ投票がスタート!7月20日まで、こちらから投票が可能です。あなたも一票投じてみてはいかがでしょうか?