留学先:
マンチェスター大学、リバプール大学、ケンブリッジ大学
留学先の場所:
イギリス
専門:
情報生命科学
留学先で取得した学位:
MRes(Master of Research), PhD, MA(Master of Arts)
MAはケンブリッジの出身者なら学部や専門に関係なく与えられる。
またケンブリッジのカレッジのフェローとして3年以上勤務しても与えられる。
留学先のウェブサイト:
http://www.man.ac.uk
http://www.liv.ac.uk
http://www.cam.ac.uk
留学先の特徴・売り:
マンチェスター大学はビジネススクールは有名で、日本人留学生も多い。リバプール大学は世界で唯一のフットボール経営学コースあり。ケンブリッジ大学はカレッジを中心とした充実した教育システムが売り。

留学準備

願書締め切り日:
コースによって異なるが、留学したい年の1月〜3月が普通
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など):
エッセイ、IELTS(一部TOEFL)、推薦状
受験予備校や主なテキスト名:
駿台のTOEFLコース
準備期間:
2年
留学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から):
まずは自分の人生の長期的な目標を考える。そして、その中で、留学が何を意味するのかを見定めること。
学費(学位取得までにかかったもの):
約1万ポンド/年
留学中の生活費:
地域によって異なるので、大学の留学生向けホームページ参照
年数(学位取得まで):
修士は1年、博士は4年
奨学金など経済的援助元(もしあれば):
・伊藤国際教育交流財団(マンチェスター大学在学時)
・リバプール大学(リバプール大学在学時)
奨学金獲得方法:
・財団の奨学生募集に応募
・リバプール大学の奨学金はPhDコースとセットになっていた
留学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など):
寮、借家

 

※「臨床+α」の詳細はこちらをご参照ください⇒http://rinsho-plus-alpha.jp/