留学先:
University of Pittsburgh, Graduate School of Public Health
留学先の場所:
米国ペンシルバニア州、ピッツバーグ
専門:
公衆衛生学
留学先で取得できる学位・資格:
Master of Public Health(公衆衛生学修士号)
留学先のウェブサイト:
http://www.publichealth.pitt.edu/
http://www.publichealth.pitt.edu/interior.php?pageID=203
留学先の特徴・売り:
医師などすでに医療職としてのキャリアのある人たちを対象に、少なめの単位で幅広い分野の公衆衛生分野を学び、公衆衛生学修士を取得することができる。

留学準備

願書締め切り日:
大学院ホームページを参照
願書以外に必要なもの(例:エッセイ・GRE・TOEFL・推薦状など):
大学院ホームページを参照
受験予備校や主なテキスト名:
特になし
準備期間:
特になし
留学先へ入るためのアドバイス(自身の経験から):
Multidisciplinary MPHコースは米国で家庭医療のレジデンシーなど専門医を取得した後に入るプログラムであった。米国の臨床経験なしに日本から直接入るには通常のMPHのコースが選択可能である。
学費(学位取得までにかかったもの):
約400万円(フェローシップ負担のため自己負担なし)
年数(学位取得まで):
2年
奨学金など経済的援助元(もしあれば):
家庭医として毎月30万円あまりの収入があった。
留学先での居住環境(寮・賃貸・家賃など):
賃貸アパート、家賃は月12万円程度
回答者
小嶋 一氏(2006-2008年在学)

 

※「臨床+α」の詳細はこちらをご参照ください⇒http://rinsho-plus-alpha.jp/