• 高橋 競 氏 kyo Takahashi, RPT, MHS
  • 年齢 : 33歳
  • 現在の職業 : 大学院生
  • 現在の勤務先 : 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻国際地域保健学教室(博士課程在学中)
  • 出身大学・学部・卒業年度 : 国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院理学療法学科・1999年卒業
  • Concordia University ESL・2005年修了
  • 早稲田大学第二文学部・2007年卒業
  • 東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻国際地域保健学教室(修士課程)・2009年卒業
  • 臨床専門分野 : リハビリテーション(理学療法)
  • +αの道に入る前の臨床経験年数 : 7年
  • +αの道に入った後の臨床経験年数 : 非常勤2年、JICA専門家2年
  • +αの道に入った際の年齢 : 29歳
  • +αの道の種類 : 国際保健

何故+αを選んだのか

 理学療法士として総合病院、地域診療所、訪問看護ステーションに勤務してきました。様々な形での臨床経験を重ねるなかで、(特に地域の)障害者の幸せのためには、医療だけではなく社会を変えていかなければならないと強く思うようになりました。健康や障害を社会との関わりのなかで捉える視点を体系化した世界保健機関の国際生活機能分類(ICF)の概念が、病院や地域におけるリハビリテーションに浸透しつつあったことの影響もあったかもしれません。

  仕事を続けながら闇雲に勉強していく中で、地域社会開発に障害の視点を入れるCommunity-Based Rehabilitation (CBR)やPrimary Health Careの概念、そしてDavid Wernerの著書などに出会い、海外のダイナミックな活動への関心が少しずつ高まっていきました。理学療法士として青年海外協力隊等へ参加する可能性を考えたこともありましたが、理学療法士という枠を超えて障害者に優しい社会づくりに貢献できる国際的人材になりたいと思うようになり、国際保健の道を志すようになりました。

どのようにして+α道に入ったのか

 大学院入学前から、障害やリハビリテーションに関する勉強会やイベントなどに積極的に参加し、同じ関心を持つ仲間とのネットワークを広げるようにしました。また、日本ユニセフ協会や早稲田大学平山郁夫ボランティアセンターの海外スタディツアーに参加し、国際協力活動についても理解を深めるようにしました。

  東京大学大学院国際地域保健学教室への進学を決めたのは、健康を人権や人間の安全保障の文脈で考える神馬征峰教授と、国際保健分野において障害やリハビリテーションを研究する重要性について共感できたことが大きかったように思います。国内で非常勤の仕事(訪問リハビリテーション)を続けられることや、英語で教育が受けられることも魅力的でした。

  修士課程在学中には、ベトナムのNGOにおけるインターンシップを経験し、その後も修士論文の研究のため何度もベトナムを訪問しました。研究のタイトルは‘Social capital and life satisfaction: a cross-sectional study on persons with musculoskeletal impairments in Hanoi, Vietnam’です。社会関係資本と障害者の生活満足度との関係について、定量的にまとめることができました。様々なカルチャーショックに苦しみながらも、多くの方々に支えられたベトナムでの経験は、その後の仕事や研究の礎になっているように感じます。

  博士課程進学後すぐに、コロンビアにおけるJICAプロジェクト「地雷被災者を中心とする障害者総合リハビリテーション体制強化」に、長期専門家(チーフアドバイザー/総合リハビリテーション)として2年間従事する機会をいただきました。プロジェクトを運営管理する総括業務と同時に、日本のチームリハビリテーションをコロンビアの状況に合わせて根付かせるための専門的技術指導を実施しました。二国間援助のスケールの大きさやラテン文化に戸惑いながらも、コロンビア人との真剣な対話を繰り返したことで、国際協力を仕事にすることの厳しさや喜びを感じることができたように思います。