「3分診療時代の長生きできる受診のコツ45」(世界文化社)が話題を集めている、神経内科専門医の「カエル先生」こと高橋宏和氏へのインタビュー後半です。

 前半の記事はこちら「3分診療時代の長生きできる受診のコツ45」出版記念インタビュー 1/2」です。

高橋宏和氏 プロフィール

所属
 松戸神経内科/JCHO東京高輪病院 神経内科医

略歴
 千葉県生まれ
 1999年 千葉大学医学部卒業。神経内科入局
 2000年 成田赤十字病院
 2001年 下都賀総合病院
 2002年 松戸市立病院
 2004年 千葉大学大学院入学。重症筋無力症の臨床研究に従事
 2008年 医学博士取得。財団法人 松下政経塾入塾。地域医療のフィールドワーク等
 2011年 松下政経塾卒塾。松戸神経内科、JCHO東京高輪病院

著書
 『3分診療時代の長生きできる受診のコツ45』世界文化社 2015年
 『松下政経塾講義ベストセレクション地方自治編』(共著)国政情報センター 2010年

・ウェブサイト
http://hirokatz.hateblo.jp/
http://www.takahashi-hirokatsu.com/

「母ちゃも婆様も看護助手助手制」の「吉里吉里(キリキリ)国」
高橋
 今後、医療のニーズが増える中で医療資源を上手に使うためには、患者さんもある程度、自分で自分の健康を管理するセルフケアの必要があると考えます。そうなれば、たとえ病気をもっていたとしてもスムーズに生活していけるのではないでしょうか。

阿部 そのように考えられるようになったきっかけは何でしょうか。

高橋 昔読んだ井上ひさしのフィクション小説「吉里吉里(キリキリ)人」です。この話の中に「吉里吉里」という、日本の東北にある地域が登場します。

吉里吉里国は日本から独立して医学立国を目指します。この地域には埋蔵金があり、埋蔵金を原資として優秀な医療者を育成します。吉里吉里国では、「ホームナース制」「母ちゃも婆様も看護助手助手制」(ともに小説より)といって、一家に1人、看護助手の助手くらいの医療知識を持つように国のシステムで教育されています。吉里吉里国の住民は、ちょっとした風邪をひいてもいちいち病院に行きません。家族に一人は医療従事者として医療を学ぶことを義務付けているので、困ったらその人に相談をします。それでも困ったら、近所で医療知識を持った人が話し合って解決します。そして、それでも解決できないような本当に困ったことがあってはじめて病院へ行くのです。これは「自分のことは自分でする」ということなのだと思います。

阿部 面白いですね。吉里吉里国と今回執筆された本とのつながりをもう少し詳しくお聞かせください。

高橋 つながりは二つあります。まず、この小説を読んで、限られたマンパワーでどこまで医療を供給するかという問題について考えさせられました。一般的に、限られた医療のマンパワーで幅広く国民に医療を提供しようとすると、議論の途中でなんでも幅広く診療する総合医の話が出てきがちです。もちろん総合医は大切ですが、医師のうち総合医の割合ばかり増やしていって、その分専門性をもって高度医療を行う医者が減るようなことがあっては良くないと思います。

それから、国民の医療リテラシーが底上げされれば、ちょっとした風邪くらいなら自分で何とかできるようになります。吉里吉里国のように国民が看護助手の助手くらいの知識をつけることができれば、高度医療人材を残しつつ、国の限られたマンパワーを活用できるはずです。患者さんからしても、軽症のときにいちいち病院にいかなくてすめば、時間もお金も節約できます。

阿部 医療供給側と受ける側の両者にメリットがあるのですね。マクロの視点で考えると医療需要にはいずれ上げ止まりがくるので、単に供給側を増やすのみという対応は望ましくないと思います。住民がセルフケアできるようになることと、限られた医療資源を活用できるようにすることはとても重要だと思いました。