カデット君
Illustration: Maiko Yamamoto

 〜 カデット君の独白〜
 ボクが愛用している、昔ながらの折りたたみ式の携帯電話。ちまたでは、「ガラケー」とかって揶揄されているらしい。電話とメールができればそれで十分なボクにとって、今の携帯電話に何の不満もないんだけど、ケータイ売り場は今、スマートフォンばっかりなんだって。古くなったケータイ、そろそろ買い換える時期なんだけど、やっぱり次は、スマホじゃなくちゃダメですか?

 でも、そもそも、スマホって何だっけ?を教えてもらうべく、スマホにとても詳しいアプリソムリエの石井寛子さんをビックカメラ有楽町店のスマホ売り場に連れ出して、手取り足取り教えてもらいました。


そもそもスマホって何ですか?
 「知りたいことを、なんでも教えてくれる、手のひらサイズのパソコン」です。「アプリ」という、ゲーム機で言う「ソフト」を入れることで、自分だけの1台にカスタマイズできる、スグレモノの電話機です。

石井寛子さん
Hiroko Ishii1984年大阪府生まれ。趣味はスポーツ観戦、マリンスポーツ、写真。様々なスマホアプリをレビューする「アプリソムリエ」として、活躍中。アプリソムリエのサイト(http://appsomm.jp/)のほか、テレビ朝日系「ストライクTV」(毎週月曜日23時15分〜)にも出演中。ブログはhttp://ameblo.jp/ishiihiroko/
Photo: Hiroyuki Yamashita
撮影協力:ビックカメラ有楽町店

 ガラケーとかフィーチャーフォンと呼ばれるこれまでの携帯電話(以下、携帯)よりも、画面が大きくて見やすく、1画面で読める情報量がとても増えています。写真や画像の拡大縮小も、スマホなら指をさっと動かすだけで簡単にできますし、メールを書いたり、目覚まし時計のセットを人の声だけでできたりします。知りたいこと、やりたいことを「スマート」に実現できる、それがスマホです。

 もちろん電話もできますけど、スマホの1番の魅力は、アプリを利用した新しい生活スタイルです。家計簿やスケジューラー、料理のレシピ、ランチのお店の検索、食後の運動、ラジオの視聴などなど。もはや、私はアプリがないと生活できません(笑)。

どうしてスマホを使おうと思ったのですか?
 きっかけもアプリでした。私はブログを書いてますが、携帯で記事を書こうとすると、写真が1枚しか添付できないんです。複数写真を投稿したい時は仕方なくパソコンを立ち上げるという無駄な作業が発生していて…。そこに友人から、スマホのアプリなら複数投稿ができると聞いて、すぐ「欲しい!」と思いました。

 SNSを利用する時もスマホが便利です。Twitterの場合、携帯では「次の画面へ⇒」などを押さないと画面が変わりませんが、スマホなら画面を指でタッチして、上下にスクロールするだけ。情報の取得スピードが早いだけでなく、無駄な情報を簡単に読み飛ばせるのもポイントです。

 電話をすることだけを考えれば、携帯でも不満はありません。でも今、「前の携帯に戻せ」と言われたら、絶対無理です!私の中で携帯は、「トランシーバー以下」の存在になっちゃってます(笑)。携帯が進化してスマホになったのではなく、スマホは全く別の進化を遂げた高機能な通信端末、なんだと思います。