時給2万5000円超が3.6%!
 日中勤務のバイト先での時給に関しては、1000円以下との回答が5.3%見られた一方で、2万5000円超との回答も3.6%あった(Q5)。

 時給が高い傾向にあったのは画像診断や内視鏡検査、産業医など。やはり専門性が高かったり、資格が必要なバイトは時給が高い傾向にあるようだ。

 平均時給は、地域によっても大きな違いがある。業務内容と専門性の関連が比較的低いと考えられる当直などの夜間勤務で見ると、九州・沖縄が最も高く、以下、北海道・東北、中部・北陸と続いた(Q6)。また、最頻値で比較すると、九州・沖縄、中国・四国、近畿では時給5000円なのに対して、東海以東では1万円だった。

(*クリックすると拡大表示されます)

アルバイトをしないワケ
Q バイトをしないのはなぜ?(複数回答)
 アルバイトを行っていない理由を尋ねると、約半数が「禁止されているから」と回答。以下、「時間がない」「自由な時間がほしい」と続いており、「十分な収入があるから」は2割にとどまった。
調査概要
日経メディカルオンラインの医師会員を対象にWebアンケートを実施。期間は2012年1月31日〜2月14日。有効回答は1021人。性別●男性904人/女性105人年齢●20歳代55人/30歳代269人/40歳代365人/50歳代170人/60歳以上58人 勤務形態●勤務医840人/開業医130人/その他(研究施設、行政機関、企業など)51人