見逃し怖い大動脈解離、チェック項目をポケットに
 頻度はそれほど高くはないが、見逃しは非常に怖い大動脈解離。2011年には米国心臓協会(AHA)のガイドラインの妥当性を検証した研究も報告された(論文10)。「検証自体は特筆すべき成績ではなかったけど、大動脈解離の患者を2000人以上も登録したのは『すごいなあ、さすがアメリカ』と感心した」(林氏)。大動脈解離は見逃すと非常に深刻なので、ハイリスクのサイン(図6参照)は把握しておくべき。といっても、すべての項目を覚えるのは大変だろうから、「カンニングペーパーとして、ラミネートして白衣のポケットに入れておくといい」(林氏)。

 数多くの論文を読むために林氏が挙げる原則は、「飲まない」「テレビを見ない」「論文(ジャーナル)は自腹で買う」の3つ。読み続けているうちに、「捨てる論文を見分けるノウハウもついてくる」と林氏。その先には「愛をもって」読める境地が広がっているかもしれない? 

図6 急性大動脈解離(ADD)のリスクスコア
AHA/ACCによる大動脈解離ガイドラインのリスクスコアを検証した(論文10)Circulation 2011;123:2213-8. より改編引用。大動脈解離患者の95.7%が1 個以上のリスクを持っていた。

林先生のおすすめ論文リスト
(論文9)Kuppermann N, et al. Lancet 2009;374 :1160-70.
Identification of children at very low risk of clinically-important brain injuries after head trauma : a prospective cohort study
2009年の論文だが、救急領域ではここ数年で一番のヒット。CT適用の最終判断の検討項目に「医師の裁量」「親の希望」を入れたことも、かえってリアリティーを感じる。
(論文10)Rogers AM, et al. Circulation 2011;123:2213-8.
Sensitivity of the aortic dissection detection risk score, a novel guideline-based tool for identifi cation of acute aortic dissection at initial presentation: results from the international registry of acute aortic dissection
大動脈解離のチェックリストは覚えきれるものではないけれど、ポケットに忍ばせてのカンニングを推奨(笑)。米国に比べれば頻度はそれほど高くないが、見逃すと非常に怖いので。
(論文11)Emerg Med J 2011;28:990-1.
Bedside echocardiography for prognosis of emergency department cardiac arrest
RUSH(ショックにおける緊急超音波検査)についての6論文のレビュー。RUSHはショックの原因の迅速な把握に非常に有用なので、総説(Emerg Med Clin North Am 2010;28:29-56)とともに、ぜひ押さえてほしい。
(論文12)Jena AB, et al. N Engl J Med 2011; 365: 629-36.
Malpractice risk according to physician specialty
米国における診療科別の医療訴訟リスクの分析。「定着率が低い」とよくいわれる救急医だが、他科と比べると、そんなに辞めていないし、医療訴訟の件数も低い方。