「モテる女性医師が多そう」は、眼科が2位の皮膚科に大差で“圧勝”。

 とはいえ、2位の皮膚科は3位の小児科の2倍のポイントを獲得しており、眼科、皮膚科が“モテ女医イメージ”の2強という結果になった。

 一方、「モテる男性医師が多そう」の1位は循環器内科で、2位は胸部・血管外科。ただし、1位と2位の差は、女性医師の場合と違ってごくわずか。また、2〜5位は外科系。外科系優位の中で、循環器内科が孤軍奮闘した形になっている。

 ちなみにこの2科は、「短気な人が多そう」の1位と3位で、「医局の雰囲気が悪そう」では1位と2位。少々ワイルドな印象が、“モテイメージ”の理由なのかもしれない。

 ただし、女性医師からの回答に限った「結婚するなら?」ランキングでは、1位は総合・一般内科、2位は放射線科と消化器外科。モテイメージと結婚相手としての魅力は、別物のようだ。

 「おしゃれな人が多そう」の1位は形成外科。2位は眼科、3位は皮膚科となっており、美容にかかわりの深い診療科が上位にランクインしている。また、この設問に関しては、外科の優位性は全く見られない。

 「身だしなみに無頓着な人が多そう」については、消化器外科がダントツのトップ。2位は救急、3位は胸部・血管外科で、仕事がハードとされる科が上位を占めた。

 4位に入った精神科は、実は「おしゃれ」では5位。研究家肌の地味なタイプと、しゃれたインテリタイプの両極端に分かれるとの印象があるのかもしれない。

 「異性関係が派手そう」の1位も、消化器外科。これも、2位(整形外科)を大きく引き離している。

 「短気」は2位、「アバウト」も2位、「社交的で陽気」「身だしなみに無頓着」「異性関係が派手そう」はダントツで1位の消化器外科。よくも悪くも、目立つ存在のようだ。

モテ男が多い・・・のかなぁ?
三浦哲嗣氏
Tetsuji Miura
札幌医科大学内科学第二講座教授●1980年札幌医科大卒。在日米国海軍医療センターで研修後、81年札幌医科大研究生。84年米国南アラバマ大学医学部生理学教室研究員。87年札幌医科大医学部助手。94年同講師、96年同助教授、2010年より現職。
 循環器内科が「モテる男性医師が多そう」「美男が多そう」で1位だったんですか?本当にそうなのかなぁ(笑)。
 循環器内科は、内科の中では「攻め」の性格が強いと思います。重症でも治療によっては短期で回復するような疾患が多く、カテーテルなどの手技も手がけます。「短気な人が多そう」というイメージも、こうした診療内容に関係しているのではないでしょうか。
 急性期や急変時に呼ばれることが多いので、診療科としての存在感は強いと思います。他科からのコンサルトもよく受けますし。
 循環器内科医は、「今まさに必要とされている」場面では、周囲の期待に沿う大人の対応ができます。その点では好印象を与えるかもしれません。
 逆に、慢性期だったり原因不明の症状など、出番がはっきりしないケースだと、「子供の面」が出てきやすいですね。そうした患者さんから、「どこの循環器内科に行っても先生が冷たいんです」とこぼされることがありますが、おそらく循環器内科医の子供な面が出た結果だと思います。
 「医局の雰囲気が悪そう」で2位とのことですが、これは個人の自由が束縛される度合いが関連しているのでは。循環器内科では複数の医師が処置に当たるケースが多く、上下関係に従って動くことが求められますから。でも、医局で学会出張したときの雰囲気は普段と違って和やかなものですよ。(談)