皆保険制度に関して、もう一つ、気になった記事がありました。

「救急車を呼ばないで!」米国無保険者の悲劇。アメリカでナースプラクティショナー(NP)として働いている緒方さやかさんが遭遇した、「国民皆保険のない米国で起こる、保険のない患者さんの悲劇」の話です。こういう記事を読むと日本の皆保険制度の素晴らしさを実感します。

 でも、日本にいると「医療にこれだけお金がかかっている」ということを実感しにくい、という問題もあります。病院で会計をしても、自分のお財布からは医療費の一部(自己負担分)しか出ていかないし、勤め人の場合は保険料も天引きなので余計実感が薄そうです。診療をしている医師にしても、一つひとつの処置の診療報酬点数を把握している、という人はあまりいないのではないでしょうか。

 日本では、「あなたの大事な人が倒れました。どこまで救命処置をしてほしいですか?」となったときも、一定水準以上の収入がありさえすれば、お金のことはあまり気にせず「どこまででも!」と言えてしまいます。(日本国民が医療の万能性をどこかで信じているから、という側面もあるとは思いますが)

 でも、当然ですが、医療が高度化するほどお金がかかるなので、どこまでも続ければ、それだけお金がかかります。医療者も、国民も、医療の限界を知って、もっとコスト意識も持たないといけないんじゃないかな、と思います。この辺りの話は、新生児医療の現場を描いた「救児の人々」(ロハスメディア)という本に詳しく出ていますが、医療全体にもいえることだと思います。

 一方で、日本の医療制度はすべての国民に優しいか、というとそうも言い切れません。例えば、高額医療費制度の自己負担限度額を払えないという理由で、一生飲み続けなければいけない薬(私が聞いたのはグリベックの話でした)をあきらめた結果、病気が悪化してしまうこともあります。必ずしも弱者を救いきれてないんですよね。

 医療とお金って、タブー視されてきたけれど、そろそろ目を向けないといけないんじゃないかと思います。(水)