鴨川市の亀田総合病院から臨む太平洋

 2010年8月4日(水)・5日(木)の2日間、千葉県鴨川市の亀田総合病院で「チーム医療亀田ツアー」が開催された。このツアーは医学生によるネットワーク「医師のキャリアパスを考える医学生の会」(以下医学生の会)と亀田総合病院による共催イベントである。

 医学生の会と亀田総合病院は2010年4月にも「チーム医療ワークショップ」を実施している。その際は、亀田クリニック院長の亀田省吾先生、亀田総合病院腎臓高血圧内科部長の小原まみ子先生をはじめとする同院の腎臓透析チームに加え、産科部長・総合周産期母子医療センター長の鈴木真先生にも参加していただいた。

4月のワークショップ受講者から「ワークショップの続編として実践編を開催してほしい」との強い要望を受け、8月のツアーが実現した。今回は、全国16大学から医学・看護・薬学部の学生31人が参加し、「チーム医療とは何か」「何がチーム医療に求められるのか」を一緒に議論した。さらに、チーム医療の実態を知るため、チーム医療の現場で様々な立場の医療者と交流する機会を設けた。

 2日間のプログラムは以下の通りである。

小原まみ子先生によるオリエンテーション

「チーム医療亀田ツアー」プログラム概要

<1日目>
オリエンテーション
「チーム医療」をテーマとした講演
(医療法人鉄蕉会理事長 亀田隆明先生)
昼食・懇親会(ビュッフェ形式)
亀田総合病院施設見学
医療従事者の皆さんとグループ・ディスカッション
夕食・交流会
(バーベキューをしながら、外国人医師・看護師も交えて)
宿泊(亀田研修センター)

<2日目>
鴨川観光後、解散