誤差が1mm以下になるように位置決めを毎回行う。その後、モニターで患者さんを確認しながら粒子線を約1分間照射する。

==> 兵庫県立粒子線医療センター院長 菱川良夫先生の「Photo Gallary」へ