サッカー日本代表チームドクター清水邦明医師の整形外科外来。
バレーボール選手の足関節捻挫を評価。リハビリテーションへつなげる。

■スポーツ医学の実践

横浜市スポーツ医科学センターではスポーツドクターによる内科、整形外科外来が行われている。スポーツ選手だけでなく一般の中高年の患者さんも多く、整形外科、清水先生の外来にはスポーツ障害の患者さんだけでなく、外傷後の患者さんも来られていた。スポーツ外傷後の復帰にかかる時間など、スポーツドクターとしての専門的な意見を求めて来る患者さんの姿が印象に残った。MRIを診療後すぐに撮影できる体制が整っている。

==> サッカー日本代表チームドクター 清水邦明先生の「Photo Gallary」へ