外傷患者が搬送される。
まずABCDEの評価を行い、必要な処置が行われる。

■救命救急センター処置室


外傷では受傷部位、出血の量や変化が重要である。FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)により、心タンポナーデや腹腔内出血を評価する。迅速なCTやMRI検査で評価し、緊急手術まで迅速に行う。そのスピードには圧倒される。

==> 日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの「Photo Gallary」へ