今年も残りわずかとなりました。昨年に続き、日経メディカル読者が選んだ「今年の医療界10大ニュース」をお届けします。

 読者投票は12月中旬、医師会員を対象に日経メディカル Online上の「週替わりミニアンケート」として実施しました。編集部がチョイスした26本のニュース記事を選択肢として提示し、その中から「2015年の医療界10大ニュース」に入れるべきだと思う記事を最大10個まで選んでもらいました。

 回答数は3108人。年代別では、50歳代が1151人(37.0%)で最も多く、40歳代が902人(29.0%)、30歳代が566人(18.2%)と続きました。

 投票の結果、日経メディカル読者が選んだ2015年の10大ニュースは、次のようなラインナップになりました。下線の付いた記事タイトルをクリックすると、別ウインドウ(タブ)で記事が開きます。

 2015年を振り返りながら、気になるニュースを日経メディカル Onlineでじっくりお楽しみください。

精神保健指定医取り消し
聖マリ医大の精神保健指定医、20人が資格取消 (4/18)
◆関連記事◆
韓国のMERS感染が拡大の懸念、症状のある1人が中国に出国(5/28)
韓国のMERS感染で確認患者は10人に、発端者はスーパー・スプレッダー(5/29)
隣国に飛び火したMERS“騒動”、今後の注目点(5/31)
2人死亡、患者は25人に、韓国のMERS感染、3次感染例も(6/2)
厚労省がMERS対策の再確認を要請(6/3)
韓国のMERS感染で3次感染が広がる、死亡4人、患者41人に(6/5)
MERS疑い患者は感染症指定医療機関に搬送(6/5)
新たに1人死亡、感染者数は95人に、韓国MERS感染(6/9)
韓国で妊婦のMERS感染例も、日本産婦人科医会が注意を呼びかけ(6/11)
「MERSウイルスの変異に備えよ」(6/17)
MERS患者の初期症状が明らかに、発熱が86.7%で最多(6/20)
韓国で感染し中国で確定したMERS患者の経緯(6/26)
新専門医制度の整備進む
2年後に迫る新専門医制度、どこまで決まった? (8/11)