(3)サイト内のコンテンツ連携を強化

図3●関連ジャンル、関連記事、関連薬剤 記事の下の方は、このように色々な関連情報が並んでいます。黄色矢印が関連ジャンル、緑矢印が関連薬剤、青矢印が関連記事です。

 これまでも日経メディカル Onlineには、記事から抽出したキーワードに基づいて「関連記事」を自動で表示したり、関連ジャンルの記事一覧ページをリンクする機能がありましたが、こうしたサイト内記事連携の機能を今回のリニューアルでさらに強化しました(図3)。

 関連記事表示については、キーワードによる自動抽出に加えて、投稿者が手動で設定できる機能を追加しました。その記事を書いた記者もしくは投稿者が、併せて読んでほしい記事を自らおすすめするサービスです。これまで以上に“ドンピシャ”な関連記事が表示されます。

 また「関連ジャンル」に加え、「関連薬剤」を表示する機能を追加。その記事に関連した医薬品について、サイト内の『治療薬インデックス』や『薬剤評価掲示板』で情報を参照できます。

 また、どのページからでも、スムーズに記事検索ができるように、検索窓をページ上部に常に配置するようにしました。サイト内を自在に回遊して、効率よく必要な情報が入手してください。

(4)姉妹サイトも充実、チーム医療推進の情報発信基地に

図4●看護師向けサイト「日経メディカル Aナーシング」のTOP画面

 『日経メディカル Online』のリニューアルと同時に、姉妹サイト『日経メディカル Aナーシング』がオープンしました。

 Active(活動的な)、Advanced(高度な)、Autonomous(自律的な)――。Aナーシングは、三つの「A」をコンセプトにした看護師向け情報サイトです。高齢化や医師不足、在宅医療の推進など、医療界を取り巻く状況がめまぐるしく変化する中、時代が求めるのは、高い知識と技能を持ち、自ら考え自ら動くことのできる看護師です。Aナーシングは、臨床からキャリアまで幅広いテーマの情報発信を通じて、そんな自律した看護師の「知りたい」「学びたい」を応援します。

 既に7万人を超える会員を擁し、薬剤師向けとしては最大規模の情報サイトとなった『DIオンライン』とも連携し、日本におけるチーム医療推進の情報発信基地となることを目指します。