東北地方太平洋沖地震は、死者1万人を超えることがとうとう確実視されてしまいました。しかし、未曾有の惨禍の中、目の前の命を救うため、たくさんの方が今も懸命に闘っています。

 そんな方々の1人、八戸市立市民病院救命救急センター所長の今明秀氏がほんの寸暇をとらえ、編集部にメールで現状を教えてくれました。以下に紹介します。


今明秀です。
津波はでかい。死者多数。
二人の家は高台で大丈夫。
雪が降っています。
病院は、酸素供給はあと、24時間以内でストップ。
でしたが、酸素ボンベが手に入り、3日間持ちます。
自家発電は、重油が48時間で停止。こちらは、東北電力が解決。
新しい患者と、入院中の患者の整理が大変です。
昨日、ドクターヘリで5人転送しました。
強靭な肉体と精神力の見せどころです。
ご心配なく。
津波と地震が敵ではありません。
電力停止、酸素停止が敵です。
勝つつもりです。

2011年3月13日(日)14:55



 目下の救命や外科処置の後は、慢性疾患の増悪や被災のストレスによる体調不良、そして感染症対策など内科疾患のニーズも急増すると予想されます。日経メディカルオンラインでは、被災地で診療に当たる医師および医療従事者の方々の声をできる限りお伝えしていきたいと考えています。

<

【編集部からのお願い 被災地の状況をお知らせください】
 日経メディカル オンライン(NMO)では、東北地方太平洋沖地震の被災地で奮闘している医療従事者の方々からの情報発信、および被災地で役立つ医療・保健情報の収集に努めています。これらを、被災地の医療現場に還元することで、及ばずながらも被災者を支援していきたいと考えています。

 被災地で尽力されている医療関係者で、現地の状況についてお伝えいただける方、また、被災地での医療対応に役立つ情報ソースをご存知の方は、ぜひ下記まで情報をお寄せください。その際には、もし可能であれば、勤務先の医療機関名や専門科目、掲載の可否(内容やご氏名など)についてもご記載いただけますと幸いです。

 大変な時ですので、ご無理のない範囲でご協力ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◆情報はこちらにお寄せください(メール)
◇もしくは、こちらからお願いします(お問い合わせフォーム)

◆この記事への応援コメントは、右下の「コメントする」をクリックしてご入力ください