4月14日21時26分に熊本県で起きた震度7の地震に続き、4月16日1時25分には熊本県・大分県で最大震度7の地震(セカンドアタック)が発生した。日経メディカルでは4月15日23時の電話取材に続き、4月20日23時、「“虎”の病院経営日記」を連載している東病院(熊本市南区)理事長兼院長の東謙二氏に電話取材を行い、セカンドアタック発生直後からの病院の状況について聞いた。本稿はその取材を基に構成したものである。


 4月16日金曜日の夜に、日経メディカルの電話取材を受けた後、平穏を取り戻しつつあった病棟に戻った。今夜は少しはゆっくりできるかな、と思っていたら、突然足元がガタガタと揺れ始めた。セカンドアタックだ。

 ファーストアタックよりも揺れが激烈だというわけではないが、絶えまない余震で精神的に参っていたので、まるでとどめを刺されたような気持ちになった。自家発電はできていたものの、九州電力からの電気は停電中。今度こそ建物へ深刻な被害が出るかもしれない。患者に影響が及ぶ可能性もある。ヤバい…。

ファーストアタック後に支援に来た自衛隊。“神の恵みの30床”を置いていってくれた。

 大きな揺れが収まり、支援に来ていたDMATの先生と一緒に病棟を見て回った。幸いなことに、建物に大きな異常は見られず、ガラスも割れていない。患者も皆、無事だった。断水はしていたが、スイッチを切り替えて井戸水からくみ上げればトイレなどには使えることが分かった。よかった…。

 安心したのもつかぬ間、DMATの先生の携帯が鳴った。「ライフラインが止まっている東熊本病院から患者を受け入れてもらえないか」という打診の電話だった。DMATの先生が、「先生、何人受けますか?」と私を見た。その先生の目もなにやら不安そうだ。

 「スター・ウォーズ」のハン・ソロではないが、嫌な予感がした。東熊本病院(熊本県益城町)は空港に近く、被害の大きかった益城町にある。距離からすれば、熊本市の基幹病院であり、災害拠点病院でもある熊本赤十字病院の方がはるかに近い。規模の大きい災害拠点病院という意味では、うちの近くに済生会熊本病院もある。にもかかわらず、他でもない東病院に電話がかかっているのだ。どこもダメだからうちに打診が来ているに違いない。

 「何人受けるとか、選べる状況なんですか?」
DMATの先生 「こちらも停電していますから、選べると思いますが…」
 「全部受けろと言ってるんじゃないのかなあ」
DMATの先生 「では、5人受けると言ってみます」
 「そうしてみましょう」
DMATの先生 …電話中…

 案の定、選べる状況ではないらしい。転院を希望しているのは27人。果たして対応できるのか、無謀な判断だが、云々いっている場合ではない。私は全員、受けることを決めた。

 程なく病院の前の道路に、27人を搬送してきた15台の救急車がずらっと並んだ。それを先導するパトカーも含め、さながら某遊園地のパレードのようだ。でもこれでは片側車線が埋まってしまう。救急者の搬入口で患者を下し、1台が離れたら次の1台に入ってもらうようにし、順次27人を受け入れた。

セカンドアタック後の転院受け入れで病院前には救急車の列が。この日は、DMATの医師たちと一緒に朝を迎えた。