• トップ
  • ニュース&リポート
  • トピックス
  • お知らせ

接触者を特定できない麻疹患者の利用施設を公表

東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に

(2/26)

 広島県で、インドネシアからの帰国者を発端とする麻疹感染が広がりを見せている。県は2月25日、2例目と3例目の患者の接触者から、新たに4人の陽性者が判明したと発表。初発患者が確認された2月8日以降、患者は7人となった。県は、麻疹患者の接触者を特定できない利用施設を公表して注意喚起を行うなど、感染拡大を防ぐ対策を強化している。[全文]

鳥インフルエンザH7N9、ヒト感染例が400人超える

中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か

(2/22)

 中国で、鳥インフルエンザ(H7N9)ウイルスのヒト感染が拡大している。香港衛生署衛生防護センターによると、2017年2月18日までの第7週に新たに67例が確認された。6週までは減少傾向にあったが、再び増加に転じた。昨年11月に今シーズン初の症例が報告されて以降、累計で429人となった。[全文]

工場従業員の家族にも確認、患者数は18人に、三重県

麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者

(2/21)

 三重県多気郡内の工場で確認された麻疹の集団感染は、2月20日現在で陽性者が18人に上った。工場従業員が陽性と判明する前に受診していた医療機関では、3人の勤務者に加えて受診者からも2人の陽性者が出るなど、集団感染は新たな局面を迎えている。[全文]

広島県でインドネシアからの帰国者に麻疹

発熱のあった麻疹患者が国際線・国内線を利用

(2/10)

 広島県感染症・疾病管理センターは2月9日、インドネシアから帰国した人が麻疹陽性と判明したと発表した。患者は滞在中に発熱の症状が出現しており、帰国の際にジャカルタ発羽田着と羽田発広島着の飛行機を利用していた。このため同センターは、飛行機あるいは空港ロビーなどで患者と接触した人は麻疹感染の可能性があるとし、注意を呼び掛けている。[全文]

感染研、リスクアセスメントを更新

鳥インフルエンザH7N9、患者流入の可能性も

(2/10)

 国立感染症研究所は2月9日、2014年に発表した『鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメントと対応』を更新した。昨年末以降、中国で鳥インフルエンザH7N9ウイルスのヒト感染例が急増していることを受けたもの。中国を中心にH7N9ウイルス感染症の流行が活発になっているとの認識を示し、今後も継続的に症例が発生することが懸念されるとした。その上で、「日本国内への患者の流入の可能性も否定できない」との見解も示した。[全文]

バックナンバー

2017年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2016年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2015年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2014年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2013年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2012年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2011年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2010年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2009年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
2008年:
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198