• トップ
  • ニュース&リポート
  • トピックス
  • お知らせ

 アルボースは今年も感染症対策セミナーを東京、大阪、名古屋で開催する。今年のテーマは「新興・再興感染症 −変わりゆく感染症とその対策−」。東京医科大学微生物学講座主任教授の松本哲哉氏を講師に迎え、NPO法人食品保健科学情報交流協議会顧問の伊藤蓮太郎氏および財団法人日本食品分析センター大阪支所学術顧問の仲西寿男氏が、それぞれ東京と大阪・名古屋開催セミナーのコーディネーターを務める。[全文]

 グラクソ・スミスクラインは8月20日、企業における新型インフルエンザ対策をテーマに、セミナーを開催する。川崎市健康安全研究所長の岡部信彦氏が「新型インフルエンザ流行(パンデミック)と行動計画の改定点」のテーマで特別講演を行うほか、インターリスク総研取締役の本田茂樹氏が「企業に求められる新型インフルエンザ対策 〜従業員の感染拡大防止、事業の継続、風評被害への対処など〜」のテーマで講演する。[全文]

 厚生労働省は、2012年10月4、5日に2012年度の感染症対策アドバイザー養成セミナーを開催する。「リスクコミュニケーション研修」と「感染症対策に関する講義」からなり、2013年施行予定の「新型インフルエンザ等対策特別措置法」についても解説する予定。[全文]

 テーマサイト「パンデミックに挑む」では、新型インフルエンザに関する皆様のご意見、ご要望等をお受けしたいと思います。新型インフルエンザに関する疑問点や解決しておきたい心配事、地元自治体の対策の進捗状況や一般市民が参加するイベント情報など、何でもかまいません。ぜひ情報をお寄せください。[全文]

 「パンデミックに挑む」編集部では、新型インフルエンザ対策の訓練の模様を取材し、そのリポートを掲載することで、情報共有を図りたいと考えております。7月以降、新型インフルエンザ対策の訓練を計画されている方は、ご一報ください。[全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14