製品解説:富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」

5年ぶりの刷新で機能を大幅強化

●紙の利便性をデジタルでも

 受診頻度を可視化する「ヒストリカルビュー」機能も追加する(図2)。これは電子カルテに記録された診療データを定量化し、過去10年分の診察状況を棒グラフで一覧表示するもの。「2年くらい前に手術した」「数年前に入院した」といった患者のあいまいな記憶からでも、過去のカルテをクリック操作で簡単に呼び出せる。

図2●新たに追加した「ヒストリカルビュー」機能の概要

図2●新たに追加した「ヒストリカルビュー」機能の概要



 この機能を追加したのは、紙の使い勝手の良さを取り入れようと考えたからだ。紙のカルテは枚数が増えると、特定の受診日のカルテや検査結果を探し出す手間がかかる。その反面、「よく参照するカルテは汚れるので見つけやすく、紙に付せんを張ることができるといったメリットがある」(佐藤営業統括部長)。この長所をデジタル化したわけだ。

 使い勝手を向上させるために、ユーザーインターフェースも刷新した(図3)。例えば、患者の写真や名前などの基本情報を常に画面上に表示したほか、文書をHTML形式にして文字の大きさや色を変更できるようにした。

図3●「HOPE/EGMAIN-GX」の画面例 HTML形式の表示に対応して表現力を向上させたほか

図3●「HOPE/EGMAIN-GX」の画面例 HTML形式の表示に対応して表現力を向上させたほか操作性を改善


 主要な病歴や診療履歴を目次で示したり、電子カルテに付せんをつけたりもできる。「医療サービスの質を保ったまま効率を上げるには、視認性を高めることが重要。患者の取り違えも防げる」(佐藤営業統括部長)。


 大規模から中規模まで幅広い医療機関に対応するために、カスタマイズが少なくて済むような工夫も施した。過去に複数の医療機関がカスタマイズして追加した機能については、標準機能として盛り込んでいる。


 これにより、従来10カ月程度かかった導入期間を、5カ月程度に半減できるという。富士通は医療機関に対して、カスタマイズにかかる費用を抑制できる点や、短期導入できることなどを、訴求していく考えだ。(瀧本 大輔=日経ソリューションビジネス


■「医療とIT」の関連記事
富士通が大・中規模病院向け電子カルテシステム新版を発表

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256