IBMとMayo Clinic、医療画像の研究センターを設立

 米IBMと医療関連の非営利団体Mayo Clinicは米国時間1月9日、医療画像技術の発展および患者ケアの向上を目的とした共同研究センター「Medical Imaging Informatics Innovation Center(MI3C)」を設立する計画を発表した。このセンターは、米ミネソタ州ロチェスタにあるMayo Clinicの構内に設置される。

 MI3Cの設立は、IBMとMayoが2007年に発表した共同研究を拡張するもの。これまでのIBMとMayoによる共同研究を通じて医療画像を最大50倍の速さで作成できるようになったため、腫瘍の拡大や縮小といった診断にかかる時間が短縮されたという。

 新しい施設では、医療画像および放射線医学関連のプロジェクトが進められる。これらの研究は、医師により正確な情報をより早く提供することを目的とするもの。その一例として、高解像度の臓器画像に同じ組織のデータを組み込んでより詳しい情報を提供したり、画像誘導による腫瘍切除や、画像比較により自動的に変化を検出して分析する技術などが研究される。

 MI3Cには、ハイエンドの画像処理ソフトウエアやIBM、ソニー、東芝が共同開発したマイクロプロセサ「Cell Broadband Engine」を搭載するIBMのシステムやブレード技術といったハードウエアなどが導入される。IBMとMayoの双方の合意により、将来的には同施設における共同研究にサードパーティも参加できるようになるという。



ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266