NTTデータとオムロンヘルスケア、ネット・ヘルスケア事業で提携

 NTTデータとオムロンヘルスケアは2007年10月25日、ITを活用したネット・ヘルスケア事業に関して業務提携することで合意した。NTTデータがデータベースなどのIT基盤を提供し、オムロンヘルスケアが通信機能を持った健康機器(歩数計、体重体組成計、血圧計など)を提供する。さらに、メタボリック・シンドロームの改善支援を目的とした「生活習慣改善支援アプリケーション」を共同で開発し、2008年4月からASP(application service provider)形態で両社が販売する。

 両社が提供するIT基盤と通信機能付き健康機器、およびアプリケーションは、医療保険者・健診機関を中心に健康増進・疾病予防をサポートするツールとして提供を始め、2012年度に両社合計で利用者100万人、売上高約50億円を見込む。

■さらに詳しい内容は、Tech-Onの記事でお読みいただけます。





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正