富士通

大・中規模病院向け次世代電子カルテ「HOPE/EGMAIN-GX」を前面にプレゼン

 医療情報システムベンダー最大手の富士通(E-123)は、大・中規模病院向け成長型次世代電子カルテソリューション「HOPE/EGMAIN-GX」中心に豊富な製品・ソリューション群を展開する。

 2008年7月7日に発売した「HOPE/EGMAIN-GX」は、同社がこれまで提供してきた大規模病院向け「HOPE/EGMAIN-EX」と、中・大規模病院向け「HOPE/EGMAIN-FX」の機能や特長を融合した製品で、「直感的な操作を可能にする画面デザインやカルテの表現力の向上、クリティカルパス機能の拡張を実現したほか、保守契約サービスの範囲で定期的な機能レベルアップサービスを提供する」(同社)戦略的製品で、会場でもメインのプレゼンテーションとなる。

直感的に操作できる画面と標準機能の充実を中心にデモ

 メインとなる新製品「HOPE/EGMAIN-GX」は、大規模病院・大学病院に提供してきた個別カスタマイズ型電子カルテソリューションの従来製品「EX」と、主に大・中規模病院において150システム以上の導入実績があり、ノンカスタマイズ型で定期的な機能レベルアップサービスを提供してきた同「FX」の、それぞれの機能や特長を融合。「入力して参照する電子カルテから、もっと診療に役立つ電子カルテへ」をキーワードに、幅広い現場ニーズに応える標準機能の充実を図った「成長型電子カルテソリューション」という位置づけだ。

 具体的な特長として、現場で利用する医師・看護師を中心とした医療スタッフが直感的に操作できることを目指して画面デザインを一新し、電子カルテの持つ表現力を大幅に向上させたほか、現場で要求されるきめ細かい機能の充実を図った点などにフォーカスして、会場ではプレゼンテーションを展開する。

「HOPE/EGMAIN-GX」のカルテ基本画面

「HOPE/EGMAIN-GX」のカルテ基本画面


 また、電子カルテデータの二次利用のためのオプションシステムとして、DPCデータ分析システム「HOPE/DPCCompass」、診療DWHソリューション「HOPE/DWH-Plus」を紹介する。電子カルテシステムと連携する、DIS/PACS/レポートシステム「HOPE/DrABLE-EX」も最新バージョンのV4を紹介する。


 さらに電子カルテシステムを利用した地域医療連携のための、「HOPE/地域連携」も紹介する。一方、同社の医療事務システムの主力製品である「HOPE/SX-J」は、データ入力中、画面に次の操作を促すガイダンス・メッセージが表示される簡便な操作性や、診療報酬請求業務を効率化するレセプトチェック機能などが支持されていることを訴求する。また、無床診療所向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-CX」は、直感的で使いやすい操作環境や、カルテ入力の際に便利な入力補助ツール機能などを訴求する方針だ。


「HOPE/SX-J」は、画面上にガイダンスを表示するエリアを設け、入力時に応じたヘルプ

「HOPE/SX-J」は、画面上にガイダンスを表示するエリアを設け、入力時に応じたヘルプメッセージを表す


<メインプレゼンテーション>
 『次世代電子カルテソリューション「HOPE/EGMAIN-GX」』

<出展品目>
 次世代電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」(静脈認証 他)  
 地域医療ネットワークシステム「HOPE/地域連携」
 DIS/PACS/レポートシステム「HOPE/DrABLE-EX V4」
 診療DWHソリューション「HOPE/DWH-Plus」
 DPC分析ツール「HOPE/DPCCompass」
 臨床検査システム「HOPE/LAINS-PC V2」
 中堅病院様向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-NX」
 診療所様向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-CX」
 医療事務システム「HOPE/SX-J」
 オンラインレセプトソリューション「FENICSメディカル・グループネットサービス」
 介護事業者支援システム「HOPE/WINCARE V2」
 健康情報管理システム「HOPE/webH@ins」
 Web版病院向け健診ワンストップソリューション「HOPE/webH@ins-FX」
 特定保健指導支援システム「HOPE/webH@ins特定保健指導オプション」

<共同出展社>
 精神科病院様向け電子カルテシステム「MOMACE」(エム・オー・エム・テクノロジー)
 総合健診システム「LANPEX」(エム・オー・エム・テクノロジー)
 再来受付システム「MEDIASTAFF-EV/ST」(PFU)
 医療事務向けファイリングシステム「楽2ライブラリDocument Manager、fi-6230」(PFU)
 医療情報分析支援システム「Medical Cabinet J」(富士通エフ・アイ・ピー)
 緊急地震速報システム「AlertStation EQ」(富士通エフ・アイ・ピー)
給食管理システム「給食大将」(富士通四国システムズ)
 入院診療情報管理システム「病歴大将」(富士通四国システムズ)
 外来表示システム 「Hospision」(富士通ゼネラル)
 医療インシデントレポートシステム「SafeProducer」(富士通ソフトウェアテクノロジーズ)
 看護支援システム「らくらく師長さん」(富士通ワイエフシー)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1