名古屋記念病院:院内システムの全情報を診療録統合管理システムで一元化

電子カルテ、FileMaker、ProRecordの相互連携を実現

●電子カルテと双方向連携するFileMakerシステム

 新病院情報システム導入にあたっては、従来のFileMakerによる情報資産を移行・発展させると同時に、電子カルテシステムと密な連携実現にも取り組んだ。双方向連携を実現することを基本に、(1)電子カルテデータを可能な限りリアルタイムで共有しFileMakerによる二次利用を可能にする、(2)ユーザー(診療現場)の要望に対応し、適正なコストでアプリケーション開発を行う、の2つのテーマを掲げた。

FileMaker診療支援ソリューションのポータル画面

 電子カルテからFileMakerへは、ログイン情報や患者基本情報、入退院情報、DPC情報などを、CSV形式や外部SQLデータソース(ESS)でデータ連携。電子カルテ情報は、Cube DBを構築してODBC接続で連携している。一方FileMakerで入力したオーダー情報、医事情報、カルテ情報、ToDo情報は、電子カルテ側へ書き込むこともできる。

 草深氏は「FileMakerシステムの開発は、電子カルテ稼動半年前から職員を対象にFileMakerに関する研修を行い、各部門代表者に自分たちで使用するレイアウトを作成してもらいました」と開発経緯を述べる。システム部門側で、電子カルテ連携に必要なスクリプトや患者情報などの共通フィールドを組み込んだサンプルファイルを作成、部門ユーザーは、そのファイルに自分たちが使用するフィールドをレイアウトした。「ポータルファイルと汎用性の高いひな形サンプルファイルは、私と両備システムズで共同開発しました」(草深氏)。

FileMakerで作成した入院初期計画書

 現在、運用しているFileMaker診療支援ソリューションは約90ファイル。従来のシステムから移行した入退院関連文書、リスク評価、NST、サマリーなど入院管理系ファイル、紹介状や同意書などの文書作成系をはじめ、栄養科や薬剤部、医療相談、透析、リハビリなど部門システム系のファイルがある。また、手書き文書をスキャンしてProRecordに電子保存する際に使用するQRスキャン機能なども新たに開発した。

 FileMaker診療支援ソリューションは、約530台あるすべての電子カルテ端末で利用できる。また、FileMakerは基本的に電子カルテをオープンした状態でしか起動しない。頻繁に使用する文書やレイアウトは、電子カルテ画面上に配置されたアイコンを1回クリックするだけで、電子カルテ選択中の患者情報等を自動設定して表示される。また、FileMakerポータル画面を起動すると、診療科別、種類別、職種別に分類されたメニューが表示され、希望するファイルやレイアウトへ移動することも可能である。

 今回、iPad(iOS)からWeb経由で直接FileMakerにアクセスできる仕組みも実装した。職員のログインに必要な情報を外部ファイル上に置くとセキュリティ上のリスクがあるため、電子カルテのユーザー認証機構を利用している点が特徴だ。具体的には、iPad上のブラウザ(Safari)でFileMakerのログイン画面を起動し、電子カルテのユーザーID/パスワードを入力。電子カルテがもつ認証機構で承認されて初めて、FileMaker Goが立ち上がりFileMakerシステムへのアクセスが可能となる。

 なお、新規導入したPSP社のPACS(EV insite)は、iPadから希望の画像を自由に選択して高速表示できる「Insite Pad」アプリを1月の稼働に合わせて新規に開発。iPadを用いた画像参照が、ベッドサイドをはじめ、あらゆる場所で可能となった。

●iPadとバーコードを活用する透析業務支援システム
 

バーコード認証プログラムを実装した透析業務支援システム。ベッドサイドで医療機器認証とスケジュール管理が可能

 FileMakerによる部門システムの1つである透析業務支援システムは、OCS-Cubeの透析患者情報管理システムと連携。iPadを利用してダイアライザーの認証をベッドサイドで実施できるのに加えて、スケジュール管理、QRスキャン用の透析治療記録の作成を行っている(関連記事はこちら)。

 OCS-Cubeの透析患者情報管理システムから、患者基本情報や透析条件、実施予定がFileMakerの透析業務支援システムに転送される。ベッドサイドやICUではiPad + FileMaker Goを使用してアクセスする。実際には、ダイアライザーや薬剤の出庫確認、透析装置にセットされた状態でのダイアライザーの確認を行うほか、透析開始時にスケジュール管理システムで透析開始を登録、時間ごとのケアや抗凝固剤の中止などを行った場合は実施登録、透析終了の際には終了登録することで実施状況を共有し、誤認防止を図っている。

●電子化診療記録の真正性を担保する診療記録統合管理システム
 

透析業務支援システムはiPodでも利用できる

 新病院情報システムで、もう1つ重要なポイントが診療記録統合管理システムであるProRecordとの連携だ。「ProRecordは、電子化診療記録の原本として位置付けており、FileMakerで作成された記録の真正性を担保する重要な役割も果たしています。また、HOSPYグループ間の診療情報の共有にも、ProRecordを活用しています」(草深氏)。

 ProRecordは、発生源が紙か電子データかにかかわらず、すべての診療記録を長期にわたって統合的に管理し、検索・活用できるシステム。電子カルテ、FileMaker、部門システムなどすべてのシステムと連携、紙文書はスキャンして取り込むことで、DICOM画像を除くすべての診療記録を一元管理している。電子署名、電子証明書、タイムスタンプを診療記録に一括付与できるため、電子化診療記録の真正性を保証できる。

 ProRecordと各システムとの連携は以下の通り。電子カルテの基本情報や診療記録、オーダー情報、経過表は、PDF化してProRecordに保存。FileMakerや部門システムから発生した定型文書、評価、指示、検査結果などの情報は、仮想プリンター機能を用いたDocuWorksまたはPDF形式でダイレクト送信される。一方、同意書や手書き診療記録、エコー写真、心電図モニターなどはFileMakerで作成したQRスキャンシートやフェースシートを用いてスキャンすることで電子化、ProRecordに保存される。なお、CS-CubeにはPDFビューアが付属しているので、電子カルテ側からもProRecordの情報を閲覧できる。

 名古屋記念病院の新病院情報システムは、FileMakerをベースとしたユーザーメードシステムを活用した医療者による医療者のためのシステムだと言える。これまで名古屋記念病院のユーザーメードシステムは、草深氏の技術と労力に依るところが非常に大きかった。草深氏は「従来は、一部の利用者が開発するにとどまっていました。今回のシステム更新では、職員教育や移行作業を通して、多くの職員が自ら取り組むいい機会になりました。自分たちの手で、使いやすい医療システムを作っていこうという意欲が、病院内に醸成されてくれればと思っています」と結んだ。

(増田 克善=医療ITライター)
 


 

■病院概要
名称:社会医療法人 名古屋記念病院
所在地:愛知県名古屋市天白区平針4-305
開設:1985年
院長:藤田民夫氏
診療科:内科、血液・化学療法内科(血液・化学療法内科、化学療法内科、疼痛緩和内科)、呼吸器内科、腎臓内科(腎臓内科、人工透析内科)、循環器内科(循環器内科、心臓内科)、消化器内科(消化器内科、内視鏡内科)、代謝内分泌内科(糖尿病・代謝内科、内分泌内科、脂質代謝・血管内科)、神経内科、小児科(感染症、アレルギー疾患、循環器、神経、内分泌、血液、腫瘍)、心療内科、神経精神科、アレルギー科、外科(外科、消化器外科、肛門外科、胸部外科、乳腺・内分泌外科、血管外科)、麻酔科、泌尿器科(泌尿器科、腎臓外科)、整形外科(整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科)、皮膚科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、脳神経外科、形成外科、救急科、病理診断科、総合内科(感染症内科、膠原病・リウマチ内科)
病床数:464床
Webサイト:http://www.hospy.or.jp/
導入システム:ファイルメーカー「FileMaker Server」「FileMaker Pro」「FileMaker Go」、両備システムズ「OCS-Cube CL」、富士ゼロックス「Apeos PEMaster ProRecord Medical」、PSP「EV insite」

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180