新日鐵八幡記念病院(北九州市):電子カルテ情報を診療所に公開

地域医療連携を自ら主導し地域の病院として生きる

19世紀最後の年、1900(明治33)年に、官営八幡製鐵所の付属病院として設立されたという日本有数の歴史を誇る新日鐵八幡記念病院は、「製鉄病院」の愛称で地元社会にしっかり根付いている。その新日鐵八幡記念病院が、北九州市内の診療所から新日鐵八幡記念病院に紹介された患者の電子カルテを紹介元から閲覧できるシステム「SMILE:Shin-nittetsu Medical Information Lane of Electrical System」の運用をこの10月に正式スタートした。


副院長の東秀史氏

 新日鐵八幡記念病院は10月1日、電子カルテ地域連携システム「SMILE:Shin-nittetsu Medical Information Lane of Electrical System」を正式に開始した。IT技術を活用して、地域の診療所などのかかりつけ医との連携を進めようとする試みである。加盟した地域の診療所は、同院に紹介した患者の電子カルテに記載された情報を、ネットを通じて閲覧できる。今年の2月25日に試行的に稼働を開始し、このほど、本格的スタートにこぎ着けた。

 ハードも含めてこのシステムに投下した開発費は5000万円で、サーバーの運用管理費は年間700万円となっているが、診療所の利用料は現在のところ無料で、新日鐵八幡記念病院がすべてのコストを負担している。2010年11月の段階で、診療所9施設の患者74人を登録している。「当院のSMILEがこの地域では初の試みです」と同病院の情報管理・システム部長である河野俊氏は胸を張る。

●電子カルテの内容を診療所のPCで閲覧可能

情報管理・システム部長の河野俊氏

 地域医療推進を担当する副院長の東秀史氏は、SMILE開始の目的を、「医療現場から見れば、一番の目的は患者情報の共有化。当院を受診する患者の90%近くが地元の診療所からの紹介です。ある程度の期間本院で治療を受け、その後は別の施設や紹介元の診療所でリハビリや診療を受ける、というケースが多い。SMILEがあれば、診療所に居ながらにして当院の電子カルテ情報を見られます。いろいろな診療科を受診している患者さんの場合は、特に利便性が高くなります。患者さんにとっても、普段お世話になっている診療所の医師が詳しい経過を知っている方が、より安心できるのではないかと思います」と説明する。

 SMILEを利用したい診療所は、まず利用規程に同意する旨の利用申込書を新日鐵八幡記念病院に提出する。その上で、診療所の主治医が患者に対して参加を呼びかけて、同意書に記入してもらう。それを新日鐵八幡記念病院に提出すると、その患者の電子カルテを閲覧できるようになる。プライバシーを尊重して、公開する診療科目を患者が選べるようにしているほか、いつでも公開を中止できるように、撤回届けを患者に同意書の記入時に渡している。

電子カルテを診療所から見た場合のログイン画面(デモ)

 システム面での特徴は、データセンターを利用していること。地元ベンダーの西日本エムシーと契約している。河野氏は「厚生労働省には、以前から相談していました。同省の担当者からは、データセンター側の機器を利用し、サービス提供を受けるホスティングにすると問題があるが、自社の機器の運用をデータセンターに委ねるハウジングであれば問題ない、という趣旨の回答をもらいました」と説明する。

 システムは、医療情報を扱うため非常に強くセキュリティを意識した構成になっている。新日鐵八幡記念病院内には、診療・検査予約、カルテ情報、画像診断レポート、画像データのサーバーがある。ファイアウォールの外側には、主にテキストデータであるカルテ情報を扱う地域連携用サーバーと、画像を扱う地域連携用画像サーバーを置く。

 一方、公開用サーバー、公開用画像サーバーはデータセンターにハウジングしている。これらは、プロキシーサーバーとファイアウォールをはさんで、インターネットにつながっている。各診療所からアクセスした場合に見られるのは、このデータセンターにある公開用サーバーの情報で、病院内のサーバーには直接アクセスできないようになっている。病院内にある2つの地域連携用サーバーと、データセンターにある2つの公開用サーバーの間は、セキュリティの強固なVPN(Virtual Private Network)で接続している。このVPNは、NTT西日本のフレッツネクストVPNを利用している。コストは1か月5万円程度という。

●セキュリティを強く意識、電子カルテの内容は直接外には出さない

電子カルテを診療所から見た場合の患者の画面(デモ)

 
 
 診療所側のセキュリティは、ベリサインのデジタル証明書とアクセスID、パスワードで担保している。具体的には、診療所のPCにエージェントソフトを入れてもらい、そのソフトが入っている端末からのみアクセスできるようにしている。

 なお河野氏は、「医療業界に関して言えば、仮想化はまだまだセキュリティ面で危ない。ただしホスティングに関しては、セキュリティ面の問題がなくなれば、将来は利用できると考えています」と付け加える。

 電子カルテにも、工夫を凝らしている。新日鐵八幡記念病院では、2003年から亀田総合病院グループが開発した統合型病院情報システム「KAI」を使用している。「ただし、KAIの情報をそのままインターネットに出しても、KAIを導入している診療所しか見られません。一方当院では、KAIの統計検索の機能を補完するために、HL7形式の参照用電子カルテを作って、5年ほど前から検索用に利用していました。KAIのカルテの内容をHL7形式に変換するアプリケーションを自院で開発したのです。今回、このアプリで変換したデータを公開用サーバーに移して、Webブラウザーで閲覧できるようにしてあります」と河野氏は説明する。CTなどの医用画像を閲覧する場合は、DICOM規格のビューワーが必要になるが、SMILE利用者は無料のビューアーを利用することもできる。


 
 

SMILEのシステム概念図

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503