1200台に及ぶ情報端末の全体運用最適化へ

新外来診療棟オープンを機に完全電子カルテ化---信州大学医学部附属病院

医学部内科学第二講座助教の浜野英明氏

医学部内科学第二講座助教の浜野英明氏

 坂田氏は、新しい外来棟に設置した端末が非常用電源系にどの程度の負荷をかけているかの調査に、このリモート操作による電源オン/オフの機能を利用したという。外来診療端末の稼働状況は休診外来もあるため、最大の電力消費を把握しにくい。そこで、瞬快で設定して一斉に全端末の電源を入れ、電力消費を計測したものだ。従来なら、こうした検証を行うためには、人手を駆使して一斉に電源を投入しなければできなかったことだ。

 また、船田氏は、障害発生時にリモート操作でメンテナンスする機能も管理工数の削減、あるいは復旧時間の短縮に寄与できると期待している。医療情報部の管理端末上で各医療情報端末の画面を表示して利用状況を把握できるほか、リモートでトラブルを解決できる上、インテルvProテクノロジーではOSがハングアップした状態であってもリモートメンテナンスが可能だ。「外来診療で患者さんが診察室にいる場合、診察室内にシステム担当者が入ることは、好ましいことではありません。リモートで障害が復旧できれば、現場に行く手間や時間をなくすことができるメリットもあります。また、リモートの場合、医療情報部にいる複数の担当者で画面を見ながら、最適な解決方法を探ることができます」(船田氏)と指摘する。

 実際に外来診察室で診療端末を使っている医学部内科学第二講座助教の浜野英明氏も、「以前は端末が故障すると患者さんともども空いている診察室に移動し、その間に来てもらって回復を待たなければなりませんでした。リモートで修復できるなら、復旧までの時間が短くなると期待しています」とリモートメンテナンスを評価している。

セキュリティ機能は今後の検証課題

1000台を超える各端末の稼働状況管理画面

1000台を超える各端末の稼働状況管理画面

 新システムが本稼働してまだ2カ月強。坂田氏、船田氏とも、インテルvProテクノロジーと瞬快を利用した運用管理機能のすべてを活用できてはいないという。「実際のどのような運用場面で、管理工数の削減や安定稼動においてさらにメリットを引き出せるのか探っている段階」という。その中でインテルvProテクノロジーのハードウエアベースのセキュリティ機能についても今後の検証課題と位置づけている。「トラフィックフィルタリングが、ワームなどの脅威トラフィックを実際にどのくらい識別できるのか、遮断できるのか、期待できる効果が得られるのかについて検証していきたい」(船田氏)。病院情報システムという閉鎖系のネットワークでも、外部からの脅威は避けられない。本来、「招かざる客」というべきワームなどの内部感染の脅威拡大を防止できるハードウエアベースのセキュリティ機能への期待は、限りなく大きい。


(増田 克善=委嘱ライター)


診療・看護業務を変革した新病院情報システム


各階の外来受付に大型ディスプレーを設置し、診察室・担当医師別に患者受付番号と診察進行状況を表示 新外来診療棟では、患者の診療受付および診察プロセスを大きく変えたことにより、新たに患者呼び込みシステムを導入している。以前は診察室前の待合室で待つ患者を医師がマイクで受付番号を呼び出していた。従来の多くの大学病院などに見られる方法だが、狭い待合室空間に複数の診察室が並んでいたことから、スピーカの呼び込み声が騒がしく、患者は聞き取りにくく、医師の診察にも支障をきたしていたという。


 「以前の診察室は古くて狭いことに加え、各診察室がきちんとセパレートされていなかったため、スピーカから流れる他の診察室の呼び込み声がうるさく、患者さんとの会話を中断しなければならないほどでした。」(内科学科第二講座 助教 浜野英明氏)。


 新しい患者呼び込み方法は、各階の外来受付に大型ディスプレーを設置し、診察室・担当医師別に患者受付番号と診察進行状況を表示。同時にチャイムと番号表示で診察室へ誘導する。


看護部副看護師長の太田まさえ氏 「医師が電子カルテ端末から患者の呼び込み操作を行うと、各診察室入り口表示盤にも受付番号が表示されチャイムで知らせる仕組みのため、間違った診察室へ入ることを防いでいる。このシステムの導入により、スピーカー呼び込みをなくせたことで、「診察待ちの静かな環境の提供といった目的を達成できました」(浜野氏)という。


 一方、電子カルテシステムがHOPE/EGMAIN-GXに変わったことにより、病棟業務にも変化をもたらした。看護師のワークフローを経過表中心に考え、指示受け、指示確認、実施入力、日々の記録が可能になった。経過表ひとつで実施〜記録まですべての看護プロセスに対応でき、必要な情報をすぐに参照できるようになったという。


 「経過表から患者さんの状態を把握するのが容易になりました。患者さんごとにオーダや指示の情報収集が早くなり、医師と看護師の情報共有が緻密にできるようになったと感じています」。看護部副看護師長の太田まさえ氏(右写真)は、新しい電子カルテシステムによる病棟業務の変化をこう指摘する。




信州大学医学部附属病院

■病院概要
名称:信州大学医学部附属病院
住所:長野県松本市旭3-1-1
病床数:700床
Webサイト:http://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172