トピックス

  • 高血圧治療ガイドライン2009を「利用している」は55%

    【高血圧治療に関する調査】

    高血圧治療ガイドライン2009を「利用している」は55%

    (3/18)

     5年ぶりの改訂となった「高血圧治療ガイドライン2009」(JSH2009ガイドライン)が公表されたのは2009年1月。その11カ月後に、高血圧治療ガイドライン2009を「よく利用している」と回答した医師は49.7%で、「いつも利用している」の5.6%を合わせると、55.3%の医師が「利用している」ことが分かった。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2009-2010」で明らかになった。 [全文]

  • 学会ピックアップ

    夜間高血圧の管理、脳卒中再発や認知症進展を予防

    京都第二赤十字病院脳神経内科部長 山本 康正 氏

    (1/21)

     脳の細小血管病変は高血圧の影響を受けやすく、24時間血圧の中でも特に夜間の血圧上昇と関連が深いことが分かってきた。厳格な血圧管理は脳卒中2次予防にも有効なことが報告されているが、再発や血管性認知症進展を防ぐには、夜間高血圧にも目を向ける必要がある。 [全文]

  • 学会ピックアップ

    脳卒中予防と高血圧、代謝性疾患合併で高まるリスク

    九州大学大学院医学研究院環境医学教授 清原 裕 氏

    (1/14)

     久山町研究によれば、脳卒中の発症リスクは、糖尿病などの代謝性疾患が合併するとより高まる。降圧治療はまだ不十分な現状において、今後の脳卒中予防では、高齢者も含めたより厳格な血圧管理と、急増する代謝性疾患への対策がカギとなる。 [全文]

  • 学会ピックアップ

    降圧薬服用者の脳卒中、随時血圧とリスクは相関せず

    東北大学大学院薬学研究科医薬開発構想寄附講座助教 浅山 敬 氏

    (1/7)

     血圧が高いと脳卒中になりやすいことは広く知られている。しかし、降圧治療を受けている患者においても同じことが言えるのだろうか。過去のコホート研究のデータを基に、降圧薬服用者と非服用者に分けて随時血圧と脳卒中発症リスクの相関を検討した研究結果を紹介する。 [全文]

  • 高齢者高血圧は積極的な降圧治療が基本

    「JSH2009ガイドラインの浸透度と活用のコツ」Vol.5

    高齢者高血圧は積極的な降圧治療が基本

    日経メディカル2009年12月号特別編集版「スペシャルレポート」(転載)

    (12/24)

     2009年10月に開催された第32回日本高血圧学会総会の特別企画「JSH2009ガイドラインを検証する」では、公表後の同ガイドラインの認知状況や主な変更点などが紹介されたほか、学会に寄せられた意見を踏まえ、今後の検討課題について議論が交わされた。その中から「高齢者高血圧」に関する部分を紹介する。 [全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0