ニュース&レポート

  • 最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.3)

    最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    (04/01)

     降圧薬の中で最も使われているのは「ディオバン」で、回答者の78.7%が挙げた。「ブロプレス」が78.1%、「アーチスト」が77.8%と続いた。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.2)

    降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    (04/01)

     降圧薬の第1選択薬の処方状況は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が50.8%と最多で、Ca拮抗薬が33.4%で続いた。過去の調査では一貫してCa拮抗薬がARBを上回ってきたが、2009年調査で初めて逆転。2年連続でARBが1位となった。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.1)

    外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    (04/01)

     外来高血圧患者の降圧目標達成率は、回答者平均で63.4%であり、循環器内科に限ると平均66.9%であることが分かった。日経メディカル オンラインが会員医師を対象に実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • s1

    妊婦と糖尿病テスト

    s2

    (03/28)

    test [全文]

  • BMJ誌から

    クリニックの自動血圧計の血圧値は医師の測定より高精度

    (02/23)

     受診した患者の本来の血圧値を知るためにはどのような測定法が好ましいのだろうか。そんな疑問に基づき、無作為試験を行ったカナダToronto大学のMartin G Myers氏らは、クリニック用の全自動血圧計を静かな個室に設置し、患者以外に誰もいない状態で測定した血圧は、医師が測定する値より24時間自由歩行下血圧測定の覚醒時血圧に近いことを明らかにした。論文は、BMJ誌2011年2月12日号に掲載された。 [全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 毎日が帯状疱疹!?チョロい疾患と侮るなかれ 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:138
  2. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:404
  3. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:354
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 介護放棄を「殺人」と断罪できるか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:181
  6. 一足早く知りたい? 2018改定の注目点はココ! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  7. 心停止時にこそ分かる医師と患者の信頼関係 リポート◎見込みのない心肺蘇生を回避するには(後編) FBシェア数:174
  8. リード不要、心室に留置するペースメーカー登場 トレンド◎心臓ペーシング治療、新時代 FBシェア数:650
  9. 新専門医制度のQ&A集を機構が公開 NEWS FBシェア数:4
  10. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:164