ニュース&レポート

  • 最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.3)

    最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    (04/01)

     降圧薬の中で最も使われているのは「ディオバン」で、回答者の78.7%が挙げた。「ブロプレス」が78.1%、「アーチスト」が77.8%と続いた。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.2)

    降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    (04/01)

     降圧薬の第1選択薬の処方状況は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が50.8%と最多で、Ca拮抗薬が33.4%で続いた。過去の調査では一貫してCa拮抗薬がARBを上回ってきたが、2009年調査で初めて逆転。2年連続でARBが1位となった。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.1)

    外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    (04/01)

     外来高血圧患者の降圧目標達成率は、回答者平均で63.4%であり、循環器内科に限ると平均66.9%であることが分かった。日経メディカル オンラインが会員医師を対象に実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • s1

    妊婦と糖尿病テスト

    s2

    (03/28)

    test [全文]

  • BMJ誌から

    クリニックの自動血圧計の血圧値は医師の測定より高精度

    (02/23)

     受診した患者の本来の血圧値を知るためにはどのような測定法が好ましいのだろうか。そんな疑問に基づき、無作為試験を行ったカナダToronto大学のMartin G Myers氏らは、クリニック用の全自動血圧計を静かな個室に設置し、患者以外に誰もいない状態で測定した血圧は、医師が測定する値より24時間自由歩行下血圧測定の覚醒時血圧に近いことを明らかにした。論文は、BMJ誌2011年2月12日号に掲載された。 [全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132