ニュース&レポート

  • 最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.3)

    最も使われている降圧薬は「ディオバン」、2位「ブロプレス」、3位「アーチスト」

    (04/01)

     降圧薬の中で最も使われているのは「ディオバン」で、回答者の78.7%が挙げた。「ブロプレス」が78.1%、「アーチスト」が77.8%と続いた。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.2)

    降圧薬の第1選択薬、2年連続でARBが1位

    (04/01)

     降圧薬の第1選択薬の処方状況は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が50.8%と最多で、Ca拮抗薬が33.4%で続いた。過去の調査では一貫してCa拮抗薬がARBを上回ってきたが、2009年調査で初めて逆転。2年連続でARBが1位となった。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • 外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    【高血圧治療に関する調査2010-2011】(No.1)

    外来高血圧患者の降圧目標達成率は63.4%

    (04/01)

     外来高血圧患者の降圧目標達成率は、回答者平均で63.4%であり、循環器内科に限ると平均66.9%であることが分かった。日経メディカル オンラインが会員医師を対象に実施した「高血圧治療に関する調査2010-2011」で明らかになった。 [全文]

  • s1

    妊婦と糖尿病テスト

    s2

    (03/28)

    test [全文]

  • BMJ誌から

    クリニックの自動血圧計の血圧値は医師の測定より高精度

    (02/23)

     受診した患者の本来の血圧値を知るためにはどのような測定法が好ましいのだろうか。そんな疑問に基づき、無作為試験を行ったカナダToronto大学のMartin G Myers氏らは、クリニック用の全自動血圧計を静かな個室に設置し、患者以外に誰もいない状態で測定した血圧は、医師が測定する値より24時間自由歩行下血圧測定の覚醒時血圧に近いことを明らかにした。論文は、BMJ誌2011年2月12日号に掲載された。 [全文]

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1